title banner

西加南子の“勝手に”サイクルカフェ紀行<1>ピチピチサイクルジャージでカフェを開拓! 優しい味わいの天然酵母パン「Open Oven」

  • 一覧

※国内女子トップクラスのロードレーサー、西加南子さんによる新連載です。

“Cappuccino rider”による勝手にサイクルカフェ認定

小田島(片山)梨絵ちゃんと朝食を食べに=アデレード、オーストラリア(2006年)小田島(片山)梨絵ちゃんと朝食を食べに=アデレード、オーストラリア(2006年)

 私は2006年までの6年間、毎年春先にはオーストラリアに滞在していました。そしてトレーニング後は、ほぼ毎日サイクルジャージのままカフェに立ち寄っていたものです。

 そこで一緒に走っていた仲間につけられたニックネームが、“cappuccino rider”。「カナコはいつもカフェにいるね」という意味らしいのです。

 オーストラリアでは、多くのサイクリストがジャージのままオープンテラスでお茶やコーヒーを飲みながらくつろぐ風景があります。そこでは、英語が得意でない私もクラブの仲間と交流を深めることができ、ちょっとだけ英語が聞けるようにもなりました。私はその時間がとても好きでした。

プロ選手も参加していた朝練習後のカフェタイム=キャンベラ、オーストラリア(2005年)プロ選手も参加していた朝練習後のカフェタイム=キャンベラ、オーストラリア(2005年)

 日本では、ピチピチのサイクルジャージで入れるお店が少ないですね…。各地にコンビニが点在していることもあって、どうしてもサンドイッチやおにぎりを、駐車場などその場で座って食べることが多くなってしまいます。

 いつも、とは言わなくとも、たまにはお店に入ってジャージのままお茶や食事を楽しみたい! そこで手始めに、私が普段かよっているお店に勇気を出してサイクルジャージで入店してみたところ、意外とすんなり受け入れてもらえたのです。それが「勝手にサイクルカフェ」のことはじめ(笑)。

 これからこのコラムをつうじて、私が勝手に“サイクルカフェ”にしてしまった数々のお店を、サイクリストのみなさんに紹介していきたいと思います。先陣を切って開拓していくので、あとに続いて店を訪れてみてくださいね。

夫婦で営むデリ&カフェ 「Open Oven」(千葉県市川市)

「Open Oven」オーナーご夫婦本多弘幸さん(奥右)・享世さん(手前右)、スタッフと=千葉県市川市「Open Oven」オーナーご夫婦本多弘幸さん(奥右)・享世さん(手前右)、スタッフと=千葉県市川市

 地元千葉・市川市にある「Open Oven」は、天然酵母と北海道産小麦ハルユタカにこだわって作るパンがお勧めのデリ&カフェです。本多弘幸さん・享世(みちよ)さんご夫妻が営んでいて、弘幸さんがお料理担当、パン作りは享世さんとスタッフが行なっています。

 店に着くと、外にあるウッドチェアに自転車を立てかけて中に入ります。鍵を掛けているとはいえ、店の中から見えるのが安心ですね。

「Open Oven」外観=千葉県市川市「Open Oven」外観=千葉県市川市

 私がよくオーダーするのは、天然酵母パン・スープ・ドリンクの「朝のセット」(500円)で、この日はパン盛り合わせとカボチャのスープ、コーヒーを選んでみました。

 盛り合わせは、いくつも味見ができてお勧め。この日は4種類のパンが盛られていましたが、どれもホッとする自然な優しい味わいでしたよ。またパンには、卵もバターも入っていないので、成人病やアレルギー体質の方も安心して食べることができます。

天然酵母パンの盛り合わせ天然酵母パンの盛り合わせ
パンが美味しくて満面の笑みの西さんパンが美味しくて満面の笑みの西さん

 お店を始めた理由をオーナーご夫妻に尋ねてみると、「体にいい物を」という頑固なこだわりだけでなく、「おいしい物を食べたい!」という思いがあったのだそうです。私もまったく同じ考えを持っていたので、ますますこの店が好きになりました。

 店内には、子供連れのお客さんを多く見かけます。大人だけでなく、子供も安心して食べられるものばかりだからなのでしょう。それって、アスリートにも向いているってことでもありますね。

 そんなことを考えながら食べていると、子供たちが派手なジャージ姿の私をビックリしたように見つめていました。でも、気にしない。まだ泣かれたことはないしね!

 道順は、私がホームトレーニングコースに設定している江戸川土手を走った後、真間川沿いを走り大門通りへ向かいます。大門通りに構える神社「手児奈(てこな)堂」には、美しい女性、手児奈をめぐって争いが起こり、手児奈がそれを憂いて真間川に入水した…という伝説が伝えられ、その悲しい物語は「万葉集」にも詠まれているほど。店は、学生や地元の人々が行きかうほのぼのとした通りを進み、「つぎはし」を渡ってJR市川駅近くにあります。

天然酵母&国産小麦のパンの店「Open Oven」
所在地: 千葉県市川市市川2-30-25
TEL/FAX: 047-324-8067
営業時間: 8:00~19:00(イートインは15:00まで)
定休日: 木曜日、第3水曜日
ホームページ: http://openoven.com/
※終日禁煙です。

文・写真 西加南子

西加南子西加南子(にし・かなこ)
日本大学短期大学在学中、トライアスロンを始める。1994年、サイクルショップ「ズノウイースト」(千葉県船橋市)にて本格的に自転車ロードレースを開始。8年間「チーム ラバネロ」に所属し、2010年からは自身のチーム「Luminaria」を運営・活動する。座右の銘は「女は年齢じゃない、肌と筋肉だ!」、自他共に認めるカフェ好き。千葉県在住。ブログURL(http://www.kanakonishi.com/)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

グルメ サイクルカフェ紀行

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載