コース内や集団内でフルコントロールが可能ズイフトのステアリング機能が全コースに適用拡張 よりリアルなライド体験が可能に

  • 一覧

 バーチャルサイクリングによるオンライントレーニングとレースのプラットフォーム「ZWIFT」(ズイフト)が、これまで一部シングルトラックのマウンテンバイクのコースのみで使用可能だったステアリング機能「FutureWorks Steering」の適用範囲を、ズイフトの全てのコースに拡張した。より臨場感のあるライド体験が可能となっている。

ズイフト内でフルコントロールのステアリング機能が全コースに実装 © ZWIFT

 ステアリング機能は現在、今秋発売のエリート製「ステルツォ・スマート」ステアリングプレートのみに対応しているが、今後は他のハードウェアでも対応可能となる予定だ。

前輪を置くライザーブロック型のエリート「ステルツォ・スマート」は、ハンドルを切るとズイフトのステアリングに反映することができる © ZWIFT

 ステアリング機能を有効にすると、コーナーリングで自分の進路を自由に変えることが可能となる。一方でリアリティを増すために、コースを走る他のアバターを“通り抜ける”ことはできなくなる。屋外のライドと同じように、多のライダーの背後についてドラフティングするか、あるいはライダーたちの周りをうまく立ち回って追い越すかを、自分の意思で決めることになる。

 走る際には他のライダーたちの動きに警戒しながら、“閉じ込められた”状態にならないように注意する必要がある。ドラフティングする場合でも、前を走るライダーが他のライダーの間を縫うように進むと難易度が一段と上がることになる。ドラフティングを維持するためには、前を走るライダーに接近してしっかりと追いかける必要があるためだ。

 フルコントロールのステアリング機能「FutureWorks Steering」により、ズイフトの臨場感はさらなる高みに押し上げられることになる。

Zwift(ズイフト)概要

利用料:1,650円/月(税込)
対応OS:Windows、Mac OS、iOS、AppleTV、android
ダウンロード:http://zwift.com/ja またはiTunes store、Google playから

この記事のタグ

ズイフト

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載