通勤推進モデル事業者も募集中電動アシストで愛媛県の魅力を楽しもう 『E-BIKEアクション』が県内全域に拡大

  • 一覧
愛媛県がe-BIKEでの観光推進を県全域に拡大。ウェブサイトでも各種情報を発信(愛媛県提供)

 愛媛県がe-BIKE(電動アシスト付きスポーツ自転車)による観光を後押しする『E-BIKEアクション』プロジェクトを愛媛県全域に拡大する。昨年度から実施している「しまなみ海道」に加えて、e-BIKEの特性が発揮される「佐田岬」「石鎚」「四国カルスト」を、新たな注力エリアとして設定。この他にも県内各地でe-BIKEの魅力発信を今まで以上に広域で実施していく。

 昨年度、しまなみ海道ではレンタサイクルや体験イベントを実施。e-BIKE利用者からは「坂道もラクで、気軽に観光を楽しめる」「サイクリング経験者の友人と一緒に走るときに使いたい」といった声が上がっていたという。

従来のしまなみ海道に加え、佐田岬、石鎚、四国カルストを新たな注力エリアに設定(愛媛県提供)

 県全域に拡大するプロジェクトでは、各エリアのレンタサイクル拠点でe-BIKEを提供するほか、おすすめサイクリングコースやグルメ、絶景スポットなどの情報を『E-BIKEアクション』のポータルサイトで発信。サイトでは今後、県内で行われるe-BIKE関連イベントの情報も掲載していく予定。

レンタサイクル拠点などで統一したイメージでe-BIKEを使ったサイクリングの魅力をアピールする(愛媛県提供)

 ほかにも各レンタサイクル拠点などで、統一ロゴマークを使用したのぼり旗、ポスター掲出など、e-BIKEの認知向上と利用促進を図っていく。また、しまなみエリアのレンタサイクルターミナルでは、しまなみ海道でのe-BIKEサイクリングの魅力を伝える、デジタルサイネージの放映とガイドブックの配布を行う。

E-BIKEアクション参画事業者一覧(27社・団体/2020年8月現在)

プロジェクトの趣旨に賛同した自転車メーカーら8社(グローブライド、ジャイアント、パナソニックサイクルテック、プロト、BESV JAPAN、ボッシュ、ミヤタサイクル、ヤマハ発動機)を前列に、愛媛県、広島県、今治市、一般社団法人しまなみジャパン代表者によるフォトセッション Photo: Kenta SAWANO

【しまなみエリア】
〈自転車メーカー〉グローブライド、ジャイアント、パナソニックサイクルテック、プロト、BESV JAPAN、ボッシュ、ミヤタサイクル、ヤマハ発動機  ※五十音順
〈レンタサイクル事業者等〉今治市サイクリングターミナル サンライズ糸山、尾道港レンタサイクルターミナル、ジャイアントストア今治店・尾道店、しまなみ温泉 喜助の湯、せとうち交流館「弓削レンタサイクルターミナル」

【佐田岬(さだみさき)エリア】
道の駅 八幡浜みなっと/伊方町観光交流拠点施設 佐田岬はなはな、一般社団法人 八幡浜市ふるさと観光公社、伊方町観光交流拠点施設 佐田岬はなはな

【石鎚(いしづち)エリア】
西条市観光交流センター、B-shop OCHI、WINDS BIKES、CAFÉ BASE

【四国カルストエリア】
四国カルストレンタサイクルステーション

【愛媛県内各地】
フラワーさいくる、しまのテーブルごごしま、東温市さくらの湯観光物産センター、道の駅 みなとオアシスうわじま きさいや広場、イヌガイ自転車商会

事業所でも幅広いe-BIKE活用を

幅広くe-BIKEを活用するモデル事業所を募集中(愛媛県提供)

 あわせて、愛媛県内の事業者を対象に、1事業者につきe-BIKEを5~10台程度、2年間無料貸出する『E-BIKE通勤推進モデル事業者』の募集が開始している。

 新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた3密対策として、従業員の自転車通勤、営業回り等近隣移動用の社用車として利用、事業者の福利厚生サイクリングの活用など、e-BIKEを幅広い用途に活用することが可能。また同時に、事業者の取り組みや効果を広く発信する。

 第1次募集は2020年8月17日(月)まで。事業詳細、募集要項、申し込み様式等については、愛媛県ホームページに掲載されている。

この記事のタグ

e-BIKE しまなみ海道 愛媛県

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載