新製品情報2020エリート「ディレート XR」が登場 人気のインタラクティブトレーナーがバージョンアップ

  • 一覧

 イタリアのサイクルアクセサリーブランド「ELITE」(エリート)から、ダイレクト・トランスミッション型のインタラクティブホームトレーナーの人気モデル「DIRETO」(ディレート)がバージョンアップし、「DIRETO XR」(ディレート XR)となって新登場した。機能とコストパフォーマンスが向上。10月頃入荷予定。

エリートのダイレクトタイプ・スマートトレーナー「ディレート」がバージョンアップして登場 © ELITE

 「ディレート XR」では、最上位機種に迫る双方向通信機能を備えた自動負荷再現装置を搭載し、再現勾配も各社フラッグシップとほぼ同等の最大24%相当にパワーアップ。さらにシマノ11段のスプロケットが装着済みとなり、コストパフォーマンスも向上した。パワー計測ユニットは誤差が±1.5%まで制度を増し、電子制御マグネティック負荷ユニットによる静かでリアルな走行感は、上位グレードとほぼ同様の本格的なトレーニングに対応する。

 ディレート XRが搭載する光学トルクセンサー式パワーメーターは、モーターなどの電子機器の計算値ではなく実測のリアルな数値をアウトプット可能。一般的なパワーメーターによく用いられる歪みセンサーのように気温の影響を受けにくいため、パワーメーターとして最も理想的といえる特性を備えている。エリートではホームトレーナーの個体差を防ぎ、より数値の正確性を確かなものにするため、出荷時に製品全台に対して1台1台キャリブレーションを実施。ディレート XRで測定される測定値は同価格帯のホームトレーナーの中では圧倒的な正確性と信頼性を誇っている。

オプションだったギヤスプロケットが取付け済みに。前輪を置くライザーブロックも付属する。左右の脚は畳んでスリムに収納が可能 © ELITE

 ダイレクト・トランスミッションホームトレーナーならではの非常に優れた静粛性は、ドライブトレインの改良によりさらに強化。日本国内の集合住宅でも周囲の環境を気にすることなくいつでも使用可能だ。さまざまな通信規格に対応する双方向通信機能を備え、エリート純正の高機能トレーニングアプリ「my-E-Training」やサードパーティ製の「ZWIFT」「TrainerRoad」などアプリを使ったさまざまなトレーニングが可能となっている。

■DIRETO XR

税抜価格:115,000円
サイズ:840×650mm(設置)、300×650×550mm(収納)
重量:約16kg
付属品:my E-Training1年間無料ライセンス、ZWIFT1ヶ月間無料ライセンス、ライザーブロック、11速カセット※取付済

【仕様】
・自動負荷・最大再現勾配24%
・ANT+ FE-C、Bluetooth Smart 双方向通信(スピード、ケイデンス、出力を送信)
・光学センサー式パワーメーター内蔵(誤差±1.5%)
・130-135mmQR、142-142mmTA 対応

この記事のタグ

エリート カワシマサイクルサプライ サイクルトレーナー スマートトレーナー 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載