これからの“ニューノーマル”に対応をクロスバイクで始める新しい生活のスタイル 自転車通勤とカジュアルライド

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 いま、人々に生活様式の変化が求められている。そこで注目を集めているのが自転車の活用だ。人との接触を最小限に、そして、オープンエアな空間で運動できるサイクリングは理想の移動手段と言えるだろう。トレンドのクロスバイクを活用したスタイルを、おススメの製品とともに紹介する。

新しい生活様式に自転車を取り入れて、健康的なサイクルライフを始めよう Photo: Shusaku MATSUO

自転車通勤のスタイルとは?

 自転車には多くのサイズや形、種類が存在している。レースまでこなすロードバイク、買い物に便利なシティサイクル、小回りが利く小径車など、用途に合わせて様々だ。なかでもコロナ禍において人気のカテゴリーがクロスバイクである。クロスバイクはロードバイクの軽快さと、マウンテンバイクの快適性を併せ持った特徴を備えており、5~10万円という比較的購入しやすい価格も支持されている。高価で、専門的なロードバイクよりも購入しやすく、軽快車からでもスムーズに乗り換えが可能なこともポイントだ。

自転車通勤にクロスバイクを取り入れてみよう! 写真のクロスバイクはジオス「ミストラル ディスク ハイドロリック」税抜66,000円※シマノホイール仕様 Photo: Shusaku MATSUO
自転車ナビレーンの設置も進み、自転車通勤がしやすい道路環境へ変化している Photo: Shusaku MATSUO

 クロスバイクが人気の理由は、コロナ禍における現在のニーズにマッチしているからである。ウイルスの感染リスクが高い満員電車を避け、人との接触を極力抑えたソロ通勤も可能になるからだ。では、実際どのような準備が必要なのだろうか。揃えるべきアイテムから説明していこう。

 まずは体にフィットする車体を用意しよう。昨今、クロスバイクにはディスクブレーキが装着されているタイプが多く販売されている。ディスクブレーキは雨に濡れても制動力が落ちづらく、確実に減速してくれるため、突然の悪天候にも対応。特に、油圧タイプは軽い力でしっかりと利くため、ビギナーや女性に最適だ。ケーブルの中を通るオイルの圧力でピストンを動かすため、ワイヤーを引いてブレーキをかける方式と比べて摩擦が少なく、ダイレクトにレバーの力を伝えられるためだ。

ヘルメットは安全なライドに欠かせない装備 Photo: Shusaku MATSUO

 次に揃えたいのがヘルメットだ。自転車は基本的に車道を走らなければならない。車と近い場所を走行するため、接触のリスクもあるうえ、道路状況によっては一人でも転倒する可能性もある。頭を強打すると命に関わる怪我へと繋がることもあるため、クロスバイクで走行するときには必ず装着するべきギアだ。

 安全面に関して欠かせないのが前後のライトである。 通勤に関しては朝夕、暗い時間帯を走行することも多いからだ。リアは規定の反射板でも問題ないが、より後続車にアピールできるライトを追加するのが好ましい。昼間でも積極的に点灯させて事故リスクをなるべく避けよう。

油圧タイプのブレーキはレバーの引きが軽く、扱いやすさが人気 Photo: Shusaku MATSUO

チェーンの油で汚れやすい裾はバンドでまとまると〇 Photo: Shusaku MATSUO

 スポーツバイクに乗るからといって、必ずしもスポーティな格好をする必要はない。仕事着のままクロスバイクに乗っても全く問題はない。しかし、服が汚れる可能性があるため、チェーンに接触する裾は裾バンドでまとめたり、フェンダー(泥除け)を付けていると汚れない。

 ペダルとシューズを固定させるビンディングシステムの導入もおススメだ。ペダリングの効率がアップすることで、より楽に、より快適なライドが可能となる。

満員電車から解放される自転車通勤をいま始めよう Photo: Shusaku MATSUO

 近年はレーシーなモデルだけでなく、日常に溶け込むデザインのビンディングペダル用シューズも続々と登場。普段履きもできそうなビジュアルで、ビジネスカジュアルなスタイルにもマッチする専用の製品も増えた。アクセサリーやウェアなどのソフト面が充実してきたことも、自転車通勤のトレンドを加速させている理由のひとつである。

■レイザー「コンパクトAF」

レイザーの入門用ヘルメット「コンパクトAF」 Photo: Shusaku MATSUO

 レイザー社のエントリーグレードのヘルメットがこのコンパクトAFだ。快適性と安全性を兼ね備えた入門モデルで、54~61cmまでの頭の周囲に対応。後頭部のダイヤルでフィット感を調整できる。シェルには20個のエアインテークが備えられ、通気性も抜群。後頭部には専用のLED(発売予定)を装着し、後続に自らの存在をアピールすることも可能だ。6色展開の豊富なバリエーションも魅力。

税抜価格:5,500円
サイズ:フリーサイズ(54~61cmに対応)
カラー:ブラック、ホワイト、チタニウム、レッド、フラッシュイエロー、ダークブルー

■シマノ「PD-EH500」

用途やシューズに応じて両面を使い分けて使用できるSPDペダル「PD-EH500」 Photo: Shusaku MATSUO

 シマノのSPDペダル。片面はビンディング機能を擁し、もう片面はスニーカーでもライドできるフラットな面を持つ。ビンディング部は簡単に脱着できるライトアクション仕様で、信号待ちが多い街中のライドに最適。フラット面には凹凸が設けられていることや、付属のピンを取り付けることで更にシューズとのグリップ力を高める構造となっている。

税抜価格:8,703円
重量:383g

■シマノ「CT5」

ビジネスカジュアルスタイルにマッチするシマノ「CT5」 Photo: Shusaku MATSUO

 SPD専用シューズながら、カジュアルさが際立った多用途なモデル。カラーは4色展開となり、サイクリングウェア以外でも合わせやすいビジュアルが特徴だ。EVA素材のミッドソールが歩行時の衝撃を吸収し、スニーカーのような歩きやすさを実現している。ノーマルのSPDと比較して脱着がより簡単なシマノクリッカーペダルにも対応。

税抜価格:12,000円
カラー:グレー、ブラック、ネイビー、ブルー
サイズ:36.0~48.0

家の前からフィットネスを開始

 クロスバイクの活躍の場は通勤や通学だけには限らない。移動手段としてだけでなく、フィットネスにも活用でき、ソーシャルディスタンスを保ったアクティビティとして楽しむことができるツールとなる。

乗り始めたらすぐにフィットネス効果! クロスバイクで楽しみながら運動しよう。写真のクロスバイクはビアンキ「C-Sport2」税抜69,800円 Photo: Shusaku MATSUO
移動手段としてだけではなく、ライド自体を目的に楽しめるクロスバイク Photo: Shusaku MATSUO

 少し遠出をして山や海辺といった開けた景色を、また、身近な街中にある走りやすい道やサイクリングロードをライドしてみてもいいだろう。最近では自転車ナビレーンが車道に施されている場所も増え、ぐっと車道を通る敷居が下がった。サイクリングは膝や筋肉への負担も少なく済み、無理なく続けられる運動になるはずだ。在宅ワークが一般化した現代において、運動不足解消に一役買ってくれるだろう。

 走る格好に制限は無く、ビシッとキメたレーシーなスタイルでなくても構わない。動きやすく、安全であれさえすればいい。グローブやソックス、ペダルやベルといったアクセサリーはとても豊富。カラーやデザインを車体や服装に合わせてカスタマイズする楽しみもある。

裾バンドの代わりに、ロールアップしてもOK。ソックス柄のチラ見せがポイント Photo: Shusaku MATSUO
雨に濡れても、長い下り坂でも確実な制動力を生むディスクブレーキ Photo: Shusaku MATSUO

■シマノ「PD-EF202」

シマノのフラットペダル「PD-EF202」 Photo: Shusaku MATSUO

 シマノのフラットペダル。がっちりと広い踏み面が特徴で、スニーカーを用いたカジュアルなライディングに最適な構造となっている。ソールとペダルのスリップを防ぐ凹凸が設けられており、安定したペダリングを可能にする。「ビンディングはちょっと難しそう…」というビギナーは、このペダルから始めてみるのがおススメ。通勤・通学からアーバンライドまで幅広いスタイルに対応する。豊富なカラーリングも魅力のひとつ。

税抜価格:4,054円
カラー:レッド、シルバー、ゴールド、ブラック、ブルー
重量:512g

お気に入りの自転車カフェを見つけよう

 「どこに走りに行けばいいか分からない」というビギナーは、目的地として自転車カフェを目指すことを提案したい。サイクリングの途中でも愛車と一緒に気軽に訪れることができる目的地として、サイクリストの間では定番の立寄りスポットとなっている。

身近な自転車カフェを探してみよう Photo: Shusaku MATSUO

 東京・港区にある「OVE南青山」もそのひとつだ。明るく、奥行きのある店内は、オープンキッチンやワークショップスペースが完備。自転車関係の書籍や、各地のサイクルツーリズム情報も揃っている。自転車は店内のラックにかけておくことができ、盗難の心配もなく、愛車を眺めながらゆっくりとカフェタイムを過ごせる空間が広がっている。

「OVE南青山」は店内に自転車を持ち込み可能で、サイクリング途中に気軽に立ち寄れるスポット Photo: Shusaku MATSUO
軽食のほか、コーヒーや季節のドリンクも用意 Photo: Shusaku MATSUO

 自転車カフェは全国に増えつつあり、街中だけでなく、人気のサイクリングスポット周辺にも多くオープンしている。ぜひ、お気に入りのサイクリングコースへお気に入りの自転車カフェも加えてみてほしい。

 これまでにも自転車は、実用的な移動手段として日常生活に重宝されてきた。しかし、コロナ禍をきっかけとして、これまで以上に便利な乗り物へと役割が飛躍つつある。車体性能やアクセサリー用品の進化で、より身近な存在となった自転車に今一度着目し、ニューノーマル時代へ備えてみてはいかがだろうか。

(提供:シマノセールス)

この記事のタグ

シマノ

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載