投票終盤で“逆転”チームブリヂストンサイクリングの「色男色女No.1決定戦」 初代No.1は沢田時選手が獲得

  • 一覧
投票で1位を獲得した沢田時選手と「CX6・マジョーラトラペジウム」 © Bridgestone Cycle

 ブリヂストンサイクルがアンカーブログ上で開催していた「チームブリヂストンサイクリングが選ぶカラーオーダーバイク 色男色女No.1決定戦!」の投票結果が発表され、MTBクロスカントリーとシクロクロスで活躍する沢田時選手の「CX6・マジョーラトラペジウム」が1位となった。

 今回のコンテスト企画は、ブリヂストンサイクルのスポーツバイクブランド「アンカー」のカラーオーダーアップチャージ無料キャンペーンに合わせて実施。所属選手12人が、「もしカラーラボを使い、自分だけのバイクを作るなら?」というお題でオーダーバイク案を作成し、投票を募った。7月26日までの投票期間では当初の予想を大きく超え、のべ400以上の投票が集まった。

コンテストには所属選手のうち、競輪選手養成所に入所中の窪木一茂選手を除いた、12人全員が参加した © Bridgestone Cycle

 沢田選手はコンテストの前半に独走状態だった橋本英也選手のRL6D・フォレストカーキを、終盤で見事逆転し84票を獲得。7月19日に開幕した国内MTBシリーズでXCO初戦優勝、8月2日の第2戦でも連勝という勢いのままに、初代No.1“色男”に輝いた。アンカーブログではトップ3の紹介に加え、1位となった沢田選手へのインタビューも掲載している。

 8月31日まで開催のカラーオーダーアップチャージ無料キャンペーンは、イリュージョンカラーフレームや、フロントフォーク同色オプション、オリジナルネームオプションの追加料金が、期間限定で無料になるというもの。画面上で好みのカラーや、パーツの組み合わせをシミュレーションすることが可能だ。

この記事のタグ

アンカー キャンペーン ブリヂストンサイクル

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載