唐見実世子、前田公平も活躍フェルトが2020年も弱虫ペダルチームをサポート JPT初戦で織田聖がホワイトジャージ獲得

  • 一覧

 「弱虫ペダルサイクリングチーム」が、2020年シーズンも、設計・素材・技巧で極める最先端のライディングを目指すスポーツバイクブランド「Felt Bicycles」(フェルト)のバイクでレースに参戦する。フェルトの日本での販売元を務めるライトウェイプロダクツジャパンが、2020年シーズンも同チームをサポートすることを明らかにした。

フェルトが今シーズンも弱虫ペダルサイクリングチームをサポート。メインバイクはチームカラーのイエローに彩られた Photo: YOWAMUSHI PEDAL CYCLING TEAM

 フェルトが2017年からサポートを開始した「弱虫ペダルサイクリングチーム」は、人気自転車マンガ『弱虫ペダル』作者の渡辺航さんが監督として率いる、ロード、シクロクロス、MTBに参戦する若手中心の育成チーム。フェルトはロードバイクとシクロクロスバイクをサポートしている。

 ロードレースでは2018年シーズンから、国内最高峰のJプロツアー(JPT)に参戦。初年度はチームランキング9位、昨年は6位へと着実に順位を上げている。また女子のJフェミニンツアーでは、唐見実世子プレイングコーチが、昨年まで4年連続の総合優勝を果たしている。

新型エアロロードの「AR FRD Ultimate」で走る長塚寿生キャプテン Photo: YOWAMUSHI PEDAL CYCLING TEAM
「FR FRD Ultimate」で走る唐見実世子プレイングコーチ Photo: YOWAMUSHI PEDAL CYCLING TEAM

 今シーズンの使用バイクは、チームカラーの鮮やかなイエローにカスタムペイントされたオールラウンドレーサー「FR Advanced」。このほかにも新型エアロロードの「AR FRD Ultimate」、TTバイクの「DA」、そして唐見プレイングコーチが「FR FRD Ultimate」を使用する。

U23リーダージャージ「ピュアホワイトジャージ」を着て力走する織田聖 Photo: YOWAMUSHI PEDAL CYCLING TEAM
1日目は3位と優勝まであと一歩だった織田聖。ピュアホワイトジャージをキープし、3日目は敢闘賞も獲得 Photo: YOWAMUSHI PEDAL CYCLING TEAM
1日目に積極的な走りで敢闘賞を獲得した前田公平 Photo: YOWAMUSHI PEDAL CYCLING TEAM

 7月23日からの3日間で開催されたJプロツアー今季初戦「JBCF東日本ロードクラシック 群馬大会」では、3日間のうち2日で敢闘賞を獲得する積極的な走りでレースを盛り上げた。1日目のレースでは織田聖が3位入賞し、アンダー23(23歳未満)リーダーの証「ピュアホワイトジャージ」に袖を通すとともに、前田公平が敢闘賞を獲得した。3日目のレースでは織田が敢闘賞を獲得し、ピュアホワイトジャージもキープ。またJフェミニンのレースでは、唐見が3日目のレースで優勝した。

 今シーズンも弱虫ペダルサイクリングチームと、チームイエローのフェルトバイクが国内レースシーンを盛り上げていく。

この記事のタグ

フェルト ライトウェイプロダクツジャパン

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載