バイクインプレッション2020本場のグランフォンドをこなすエンデュランスレーサー ビアンキ「インフィニートXE ディスク」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ビアンキのエンデュランスディスクロード「インフィニートXE ディスク」をインプレッション。長距離を快適に、かつハイスピードで駆けるジオメトリーを採用したレーシングバイクの走りを試した。

ビアンキ「インフィニートXE ディスク」 Photo: Masami SATOU

速さも意識したロングライドモデル

 インフィニートシリーズには振動除去素材であるカウンターヴェイルを採用した「インフィニートCV ディスク」が上位モデルとしてラインナップしている。パワーの伝達効率を担う剛性を強化しつつ、振動による乗り手の負担をカウンターヴェイルが軽減することで、剛柔両立した走りを実現。パリ~ルーベをはじめとする石畳のクラシックレースで選手たちの活躍を支えた。

フォークコラムとヘッドスペーサーはエアロデザインを採用 Photo: Masami SATOU

 一方のインフィニートXE ディスクはカウンターヴェイルは採用されていない。しかし、エンデュランスレーサーとしての位置づけは変わりなく、快適性を備えつつ、スピードも疎かにはしていない。安定性を高めるためにチェーンステーをやや長めに取りつつも、BB下がりはオルトレシリーズと同様に68mmに設定。踏み込んだ際の俊敏性を損なわないジオメトリーだ。コラムスペーサーやフロントフォークもエアロを意識したデザインを採用。シートポストはD型となり、快適性と空力性能を両立している。

前方向へ弓なりになったフロントフォークはオルトレXR4を彷彿とさせる Photo: Masami SATOU
シートチューブやシートポストはD型で、空気抵抗を意識したデザインに Photo: Masami SATOU

 カウンターヴェイルが採用されていない“素”のビアンキ、しかもエンデュランスモデルということで走りが気になるインフィニートXE ディスクだが、振動吸収とはベクトルが少々異なる快適さ、そして速さが備わっていた。

パリッとした剛性感で、思わず踏みたくなるエンデュランスレーサーだ Photo: Masami SATOU

 まず、パワーをかけた際の反応がとてもパリッと硬質で、踏んでいて気持ちがいい。もっさりとした感覚が無く、きびきびと意図した通りに加速する。ダンシングをするとパタン、パタンと車体が降りたい方向へ切り返しができるので上半身に負担が少ないと感じた。

 巡航時にはフロントは軽快に、一方のリア側は粘るような安定感を発揮。ハンドリングを犠牲にせず、スタビリティの高い走りをみせた。車体に任せられる割合が大きく、乗り手はペダリングにより集中できる印象があった。結果的に速く、そして体への負担が少ないように思えた。

 全体的にかっちりとした剛性感のインフィニートXE ディスク。速度域が高くても十分に鋭い動きができるので、レースにも使用しても全く問題ないレベルの完成度であった。本場イタリアのグランフォンドのようなハイスピードのロングライドにはぴったりだろう。カウンターヴェイルが入っていなくても、感性に響く老舗ならではの完成度であった。105組の完成車で税抜30万円を切っているので、1台目のディスクロードとしてもおすすめだ。

■ビアンキ「インフィニートXE ディスク」

税抜価格:298,000円(105完成車)
サイズ:47、50、53、55、57

この記事のタグ

20~30万 カーボンバイク ディスクロード バイクインプレッション ビアンキ

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載