title banner

使ってよかった自転車アイテムロードバイク乗りにアグレッシブデザインの日焼け止めをオススメする理由

  • 一覧

 夏になると、気温とともに上がってくるのが「自転車に乗ろう!」と言うモチベーションではないでしょうか。特に梅雨明け後は、一気に晴れた夏がやってきて、モチベーションは最高潮かもしれません。

 しかし、そんなモチベーションを阻むのが、夏の猛烈な気温と強烈な日差しです。暑いからといって、暑さの和らぐ山の上に行けば、大気は薄くなり紫外線はより強烈になります。 

 最近では肌を日焼けから守るための長袖タイプのインナーウェアやサイクルジャージも登場していますが、夏なのだから半袖ジャージで走りたいというのも心理でしょう。そこで紹介したいのが、アグレッシブデザインの日焼け止め「トップアスリートサンプロテクトファイター」です。

ワコーズカラーの青だが、化粧品らしいパッケージ Photo: Kento OZEKI

 アグレッシブデザインと言われてもピンとこないかもしれませんが、潤滑油でお馴染みの和光ケミカルのスキンケアブランドです。

 一般的に日焼け止めと言えば、化粧品会社が化粧品の延長線にある製品として製造しているというイメージで、最近でこそ男性でも使用しますが、まだ少し縁遠い存在な気がします。対して、アグレッシブデザインは化粧品の延長線上の製品ではなく、スポーツパフォーマンスを向上させる目的で作られたブランドであり、我々サイクリストにとっても非常に身近なブランドと言えます。

 「トップアスリートサンプロテクトファイター」に話を戻すと、紫外線の防止効果の指標となるSPFとPAは、最大値のSPF50+/PA++++と、性能自体は他の製品と比較しても遜色はありません。それでもなお、トップアスリートサンプロテクトファイターをオススメするのは理由があるからです。他の日焼け止めとは何が違うのでしょうか。実際に使用してみて感じたメリットなどをお伝えします。

日焼け止めを使い始めたワケ

 実は私自身、数年前まで日焼けに対しては無頓着で、日焼け止めを使っていませんでした。日焼けしても肌が黒くなるだけで特にそれ以上の害を感じていなかったからです。しかし、自転車ブロガーとして夏場も毎日のように自転車に乗ることが増え、そのうち、ライド後の入浴時のピリピリ感など、日焼けによるダメージを意識するようになりました。

 そうしたダメージを軽減するために日焼け止めを使い始めたわけですが、しばらくはドラッグストアで販売されているような一般的な日焼け止めを使用していました。その効果自体は感じていたのですが、使用しているうちに不満も出てきました。汗で落ちてしまったりして、塗り直しが必要となり、十分な日焼け止め効果を得られなかったという点です。

 そうしたときに、たまたま自転車店でアグレッシブデザインの日焼け止めを目にして使用し始めたのが「トップアスリートサンプロテクトファイター」です。実際に使ってみて日焼け止めの効果は十分でした。

手の甲だけに塗って1日走ってみた状態。既に日に焼けている状態でも、手の甲と腕の日焼け差がわかる Photo: Kento OZEKI
長時間のスポーツでは重ね塗りをすると効果的とメーカーは説明しています。重ね塗りを実施したところ、長時間のライド後でも、リストバンドやグローブの日焼け跡は残りませんでした Photo: Kento OZEKI

圧倒的な落ちづらさ

 そして、この製品の何よりの良さは、圧倒的に落ちづらいということです。これは他の製品を圧倒していると思います。使い続けてきた日焼け止めで、汗に強いと謳っているものでも、自転車に乗っているとすぐに汗で流れてしまい何度も塗り直しが必要でした。私自身が汗かきということもあるのですが、それまで使っていたものはあくまで日常生活で「汗に強い」ということなのでしょう。

 トップアスリートサンプロテクトファイターの場合は、まったくといっていいほど落ちません。大量に汗をかくヒルクライムはもちろん、泳いだりシャワーを浴びるくらいではほぼ落ちません。たっぷりボディーソープを使って丹念に身体を洗ってやっと落ちるといった具合です。

汗をかくと少し白っぽくなるが、落ちる様子は一切ない Photo: Kento OZEKI

 そのため塗り直しとは無縁で、面倒くさがり屋の私としてはライド中に塗り直しが発生しないというだけでも、この製品の良さがあると思います。落ちづらいとはいえ、塗った状態でベタベタするようなことはありませんし、塗った直後はもちろんですが、走行中に汗をかいてもさわり心地は大きく変わらないのも嬉しいところです。

 ちなみに、落ちづらいので、早く落としたい場合は、専用のクレンジング「ウォータープルーフクレンジングオイル」を使用することをオススメします。

日焼け止めとしては高価?

 価格についても62gで3500円と、化粧品に馴染みのない男性からすると高価に感じます。しかし、一般的な日焼け止めでも同程度の容量で2000円前後はしますし、塗り直しの必要性等を考えれば、コストパフォーマンスは決して悪くありません。また、小容量やクレンジングとのセットもありますので、まずはそちらで効果を試してみるのも良いでしょう。

使用時に気をつけること

 使用の際に一点だけ気を付けてほしいことがあります。それは、日焼け止めを塗った手でスマホ等を触ると油膜が付着してしまうことです。

 画面であれば、白っぽくなる程度ですが、カメラのレンズ等に一度つくと指やウェアで拭ったくらいでは中々落ちず、気づかないまま写真を撮るとライド中の写真がすべて白っぽくなってしまいます。もしライド中の写真をたくさん撮るような人がいたら気をつけて欲しいところです。

 日焼けのダメージは蓄積してシミやしわの原因になると言われていますし、もしまだ対策をしていないという人は、是非この機会に日焼け止めについて考えてみてはいかがでしょうか。

大関賢土(おおぜき・けんと)

平成元年生まれのロングライド系チャリダー。速くはないが、ヒルクライムが好きで、2017年より日本中の峠を登り総評するブログ「え、登らないんですか?」を運営中。ブログ運営の他、自治体向け観光PRのドローン撮影やロードレース、トライアスロンイベントでの運営サポート、撮影業務も行う。各種SNSにて情報発信していますので、お気軽にフォロー下さい。

※本記事の商品紹介リンクを経由して、商品・サービスを購⼊すると、その⼀部が紹介料として(株)産経デジタル(以下、当社)に付与されることがあります。

※本記事における商品紹介のリンク先は,当社が提供するサービスではありません。リンク先で表示される価格情報は最安とは限りません。リンク先での行動はすべて利用者自身の責任でご判断ください。当社は一切の責任を負いかねます。

この記事のタグ

自転車アイテム セレクション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載