新製品情報2020ピナレロが2021モデルを発表 新「パリ」が登場、「プリンス」がフルモデルチェンジ

  • 一覧

 イタリアのバイクブランド「PINARELLO」(ピナレロ)の2021モデル、ロードバイクラインナップが発表された。空力性能と快適性を重視した新しいエンデュランスバイク「PARIS」(パリ)が登場したほか、セカンドグレードのロードレーサー「PRICE(プリンス)FX」と「PRINCE」がフルモデルチェンジ、グランフォンドモデル「ANGLIRU」(アングリル)がディスクブレーキ化された。

伝統のネーミング「パリ」が新しいエアロ・エンデュランスロードとして復活。写真はグレースティール・マットカラー © PINARELLO JAPAN

マルチに使える新世代のエアロ・エンデュランスロード

 モデル名が復活となる「パリ」は、プリンス同様にピナレロの礎を築いてきた伝統のネーミング。今回登場の新しいパリは、すべてのサイクリストにライドの楽しみを届ける、新しいスタイルのエアロ&エンデュランスロードというポジションが与えられた。ショートリーチ&ハイスタックの新コンフォートジオメトリーを採用。すべての人が最適なライドポジションを実現可能だ。

「パリ」のレッド・シャイニーカラー © PINARELLO JAPAN

 フレーム素材は高強度なT600 UDカーボンで、エンデュランス性能に特化した専用チューブデザインを採用。ピナレロ・ハンドリングと呼ばれ定評のあるONDA(オンダ)フォークで安定した扱いやすいハンドリング特性を実現する。シルエットはレースバイクと同様の、最新のエアロダイナミクス・デザインとなっている。

 また、電子制御コンポへの対応もしやすいE-Linkシステムを採用。タイヤは最大700x30Cまで装着でき、ロングライドからエンデューロ、グラベルライド、ヒルクライムなど、使い方を限定せずマルチに楽しむことができる。

エンデュランスモデルながら、高い空力性能を備える © PINARELLO JAPAN
新しいコンフォートジオメトリーを採用し、幅広い用途に使える汎用性を備える © PINARELLO JAPAN

■PARIS DISK

105 11S ディスク完成車:339,000円(税抜)

プリンスはケーブルフル内装で戦闘力アップ

 「プリンス」シリーズは、最高峰の「DOGMA(ドグマ)F12」の技術を受け継いでフルモデルチェンジを果たした。ドグマ F12と同様にシフトとブレーキのケーブルをフル内装化。ヘッドセット構造はドグマ F12と同型で、TiCR(トータル・インテグレーテッド・ケーブル・ルーティング)と呼ばれるシステムにより、ハンドル周辺の空力特性を大幅に改善した。またジオメトリーも新設計され、「サイズの隙間」がなくすべての人に最適なフィッティングが可能となった。

ケーブルがフル内装化されて、エアロ性能を高めた「プリンス FX」 © PINARELLO JAPAN

 プリンスとプリンスFXは同形状だが、素材や剛性感の味付けが異なっている。高剛性版のハイエンドロードに位置づけられるプリンスFXは、T900 3Kカーボン素材を使用するレーシングバイク。ミドルクラスロードのプリンスはT700 UDカーボン素材で、マイルドな乗り心地ながらオールラウンドな性能により、ロングライドからレースまで幅広く使用可能だ。

プリンス FXと同様のフォルムながら、マイルドな味付けとなる「プリンス」 © PINARELLO JAPAN
「プリンス」リムブレーキバージョンは、ダイレクトマウント仕様となる © PINARELLO JAPAN

■PRINCE FX DISK

フレームセット:469,000円(税抜)
アルテグラDi2 11S ディスク完成車:689,000円(税抜)
アルテグラ 11S ディスク完成車:589,000円(税抜)

■PRINCE

105 11S 完成車:389,000円(税抜)

■PRINCE DISK

フレームセット:369,000円(税抜)
コーラス 12S ディスク完成車:639,000円(税抜)
アルテグラ 11S ディスク完成車:489,000円(税抜)
105 11S ディスク完成車:439,000円(税抜)

ラザがディスクブレーキ標準装備に

 スーパーハイエンドの「ドグマ F12」は、エックスライトも含めて新色が追加。上位モデルのエアロダイナミクスを受け継ぐミドルクラスロードの「GAN」(ガン)は、カラーも含めて2020モデルから継続となる。ドグマ 65.1の系譜となるフォルムのミドルクラス「RAZHA」(ラザ)には新色が追加された。

最高峰の「ドグマ F12」には新色が追加された © PINARELLO JAPAN
リムブレーキ仕様のミドルクラスロード「ガン」 © PINARELLO JAPAN

「ラザ」はブラックマットがレッドロゴに © PINARELLO JAPAN
「アングリル」はディスクブレーキ仕様となった © PINARELLO JAPAN

 グランフォンドモデルの「アングリル」は、ディスクブレーキ仕様にモデルチェンジ。快適性に優れたT600 UDカーボン素材やフレーム形状、伝統のONDAフォークとロングホイールベースにより、高い安定性と快適性を両立している。

■DOGMA F12 DISK

フレームセット:730,000円(税抜)
フレームセット MY WAY:810,000円(税抜)

■DOGMA F12

フレームセット:700,000円(税抜)
フレームセット MY WAY:780,000円(税抜)
デュラエースDi2 11S フルクラムWIND400ホイール 完成車:1,040,000円(税抜)

■GAN

105 11S 完成車:279,000円(税抜)

■RAZHA / RAZHA DISK

105 11S 完成車:243,000円(税抜)
105 11S ディスク完成車:298,000円(税抜)

■ANGLIRU DISK

ティアグラ 10S ディスク完成車:259,000円(税抜)

この記事のタグ

ピナレロ(PINARELLO)のロードバイク

ピナレロ ロードバイク 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載