新製品情報2020ジャイアントがシクロクロス車「TCX ADVANCED PRO」シリーズの2021年モデルを先行販売

  • 一覧

 総合スポーツバイクブランドのジャイアントが、フルモデルチェンジしたシクロクロスバイク「TCX ADVANCED PRO」シリーズの完成車2車種とフレームを、7月下旬からジャイアント2021モデルとして先行販売する。また、これらのバイクに採用されている新型軽量カーボンシートポストも同時発売となる。

待望のフルモデルチェンジが実現

 新モデルは剛性を維持したままフレームとフォークで260gもの軽量化を実現。新しいコンタクト SLR D-フューズカーボンポストとの組み合わせで、しなりも20%向上させた。また、独自の内蔵シートクランプは、30.9mm径シートポストにも対応する拡張性も備える。

TCX ADVANCED PRO 0

「TCX ADVANCED PRO 0」 © GIANT

 カーボンカラーでGIANTロゴのクロムデカールが印象的な「TCX ADVANCED PRO 0」。コンポーネントは「FORCE eTap AXS」を備える。ホイールはフックレスカーボンリムを採⽤し、軽量化と剛性をアップ。新型ハブは30T⾯ラチェットとDLC コーティングで回転抵抗が低減している。

 フレームとフォークはトータルで17%もの軽量化を実現。担ぎセクションでの快適性を向上したチューブシェイプを採⽤している。シートチューブはD-FUSE と30.9mmの丸型シートポスト両⽅に対応。ドロッパーポストへの換装もできる。路⾯からの衝撃を逃がすD型断⾯のカーボンシートポストはしなりやすい形状で、より快適に乗ることができるようになった。

ADVANCED GRADE FRAME © GIANT
CONTACT SLR D-FUSE © GIANT
SLR1 42 DISC Hookless CARBON WHEEL © GIANT

TCX ADVANCED PRO 2

TCX ADVANCED PRO 2 © GIANT

 「TCX ADVANCED PRO 2」は見る角度によって色がブルーからパープルに変化して見えるカメレオンノヴァカラーが特徴のフレーム。オシャレな1台となっている。

 シクロクロスで重要なブレーキは⾼剛性の12mm スルーアクスルとフラットマウントのディスクブレーキを前後ともに備える。また、シクロクロスレースの世界標準となるフロントシングルギアにスラムを「APEX 1」採用している。

INVISIBLE SEAT CLAMP © GIANT
12MM THRU-AXLE &
FLAT MOUNT © GIANT
SRAM APEX 1 © GIANT

■TCX ADVANCED PRO 0
税抜価格:600,000円
サイズ:490 (XS)、505 (S)、525 (M)、545 (ML) mm
カラー:カーボン

■TCX ADVANCED PRO 2
税抜価格:320,000円
サイズ:490 (XS)、505 (S)、525 (M)、545 (ML) mm
カラー:カメレオンノヴァ

フレーム&カーボンシートポスト

 TCX ADVANCED PRO フレームセットは、バルサム(樹脂)をイメージしたオーガニックカラーを採用。トップチューブ上部はカーボンスモークカラーになっている。

 カーボンシートポストは、ジャイアント独自の形状により路面からの衝撃を積極的に緩和するD型断面の軽量アイテム。最適化されたカーボンレイアップを新たに採用し、柔軟性が20%向上した。

TCX ADVANCED PRO FRAME SET © GIANT
CONTACT SLR D-FUSE SEATPOST © GIANT

■TCX ADVANCED PRO フレームセット
税抜価格:220,000円
サイズ:490 (XS)、505 (S)、525 (M)、545 (ML) mm
カラー:バルサムグリーン

■CONTACT SLR D-FUSE SEATPOST
税抜価格:20,000円
サイズ:395mm/D-FUSE
素材:カーボン
重量:198g

この記事のタグ

シクロクロスバイク ジャイアント 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載