バイクインプレッション2020山岳用からスーパーオールラウンダーへ進化 トレック「エモンダSLR」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 トレックの軽量ロードバイク「エモンダSLR」が3年振りにフルモデルチェンジを果たした。ディスクブレーキ専用設計になったフレームは、軽量性を維持しつつ空気抵抗も大幅に削減。話題の1台を試した実走インプレッションをお届けする。

トレックの新型「エモンダSLR」をインプレッション Photo: Masami SATOU

 トレックのコンペティティブラインは、エアロロードの「マドン」、エンデュランスレーサーの「ドマーネ」、そして、軽さに特化させた「エモンダ」で構成。それぞれ、コンセプトを色濃く反映させた強みを生かし、トレック・セガフレードをはじめとする選手の走りを支え、プロレースの第一線でも優れた成績を収めている。マッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)はマドンSLRを駆り、2019年の世界選手権男子エリートロードを制している。

各チューブにカムテールデザインが取り入れられた Photo: Masami SATOU
エアロを意識して絞り込まれたヘッドデザイン Photo: Masami SATOU

 高速化が進むプロレースにおいて、エアロデザインが成績を左右するのは言わずもがなである。このトレンドを取り入れ、モデルチェンジを果たしたのが今作のエモンダだ。ディスクブレーキ専用設計で開発された車体には、軽さと剛性を極めたOCLV800カーボンを新たに採用(SLRグレード)。リムブレーキと比較して重くなりがちなディスクブレーキ用フレームながら、700gを切る重量を実現した。

空力性能と軽量性を備えたAeolus(アイオロス)RSLバー/ステムを採用 Photo: Masami SATOU

 トレックはフレームだけでなく、走りを左右する構成パーツも力を注いで開発が行った。乗り手の意思を伝えるハンドルには、新型エモンダのために設計された新型Aeolus(アイオロス)RSLバー/ステムが採用。エアロと軽量性を両立させたステムとバー一体型のハンドルだ。足元にはボントレガー「アイオロスRSL37 TLR」が装着される。ディスクブレーキ専用に設計されたリムは、ブレーキにおける摩擦を受けることがなくなり形状が最適化。前後セットで1325gと超軽量で、かつ高いエアロ性能を誇っている。

マドンとの違いとは?

 新型エモンダの実車を初めて見た際「マドンじゃないの?」という印象が強かった。当然、ISOスピードも搭載されていないし、各部のボリュームはマドン比で抑えられてはいる。しかし、それほどエモンダが纏ったエアロデザインにはインパクトがあった。

 前作との違いはデザインだけではなく、走りの差も歴然であった。前作も走りの軽さは光っていたが、新型のエモンダSLRは地を這うような安定感にプラスして、はじけるように低速から加速していく。ディスク専用設計となったことが影響しているのだろう、“軽量バイク=ひらひらして頼りない”という図式は全く当てはまらない。

 アイオロスRSL37とのマッチングも抜群で、いやな脚当たり、不快な硬さは感じられない。また、エアロ形状のハンドルの握り心地も良い。上ハンは扁平形状ながら手のひらに収まる太さなのでしっかりと握る込むことができた。

軽量性、エアロ、安定性を高次元で両立させた走りを実現 Photo: Masami SATOU

 車体のトータルバランスに優れており、軽さを生かした加速もさることながら、一度速度を上げると空気の壁を感じることなくスピードを持続できる。明らかに前作から進化しているポイントである。

 では、マドンとの違いはどこにあるのだろうか。個人的には活躍させたいシチュエーションによってそれぞれの強みが出るだろうと感じた。具体的にはエモンダSLRでマックスパワーのスプリントをかけてみると、BB付近のウィップが若干目立つように感じた。恐らくマドンSLRならこのウィップが少々抑えられるはず。エモンダSLRの場合、このウィップがダンシングした時に軽やかに進ませる“味”となって感じられる。一方、マドンSLRの強固な剛性は超高速域のスプリントで心強さとなって乗り手を支えるだろう。

 どちらがマッチするかは乗り手次第な側面もあるが、日本においてはエモンダSLRが活躍するシチュエーションは多いと思う。ヒルクライムにアップダウンが連続するワインディングロード、加減速が求められるクリテリウムなどが挙げられる。大柄な海外選手と比べて、軽量級な日本人にも合うだろう。結果を残したいシリアスレーサーに試してほしい新世代のオールラウンダーバイクだ。

■トレック「エモンダSLR9」

税抜価格:1,197,000円
重量:6.74kg(56サイズ)
サイズ:47、50、52、54、56、58cm

この記事のタグ

トレック バイクインプレッション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載