アプリ「ツール・ド」を活用した通年型イベント各地の“1周コース”巡る「サイクルボール」開催地が発表 「アワイチ」や「ビワイチ」など計7カ所

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 サイクルツーリズムを目的とした期間分散型イベント「サイクルボール 日本7大1周制覇の旅」の開催発表会見が7月14日、東京・日本橋のスルガ銀行で開催され、「淡路島1周」「琵琶湖1周」「浜名湖1周」「富士山1周」「伊豆半島1周」「霞ヶ浦1周」「福島市・二本松市1周」の計7カ所のコースが発表された。

「サイクルボール 日本7大1周制覇の旅」開催発表会見が東京・日本橋のスルガ銀行で行われた Photo: Shusaku MATSUO

7つ集めて望みを叶えよう

 サイクルボールは、日本各地に定められた“1周コース”を、スマートフォンのサイクリングアプリ「ツール・ド」を用いて巡るスタンプラリー形式のイベント。アプリに設定されている出発地点からスタート後、各立ち寄りポイントを経由し、ゴールを目指してライドする。1周が完了するとアプリ内で完走証が発行され、各地の窓口で提示することでサイクルボールカードを獲得することができる。

■サイクルボール開催地

★霞ヶ浦1周(かすいち)ステージ
茨城県南東部に位置する日本第2の大湖「霞ヶ浦」を1周するコース
アンバサダー:MIHO氏

★浜名湖1周(ハマイチ)ステージ)
静岡県浜松市、湖西氏をまたぐ「浜名湖」を1周するコース
アンバサダー:まんまくん

★福島市・二本松市1周(ふくいち)ステージ
磐梯東スカイラインと福島市・二本松市を1周するコース
アンバサダー:今田イマオさん、なみこさん

★富士山1周(富士いち)ステージ
世界遺産の富士山麓を反時計回りに1周するコース
アンバサダー:おおやようこさん

★琵琶湖1周(ビワイチ)ステージ
滋賀県に位置する日本最大の湖「琵琶湖」を1周するコース
アンバサダー:けんたさん

★淡路島1周(アワイチ)ステージ
兵庫県に位置する「淡路島」を1周するコース
アンバサダー:平野 由香里さん

★伊豆半島1周(伊豆いち)ステージ
静岡県南東部に位置する「伊豆半島」を1周するコース
アンバサダー:tom’s cycling(TOMIさん、YOPIさん)

スマホアプリの「ツール・ド」を駆使し、完走の証「サイクルボール」をゲット (提供:ルーツ・スポーツ・ジャパン)
会見では全国7か所に設けられたルートが発表された (提供:ルーツ・スポーツ・ジャパン)
“望み”としてマヴィックからはカーボンモデルを含む計7本のホイールがプレゼント Photo: Shusaku MATSUO

 イベントには「サイクルボールカードを期間内に7つ集めると願い事叶える神様が出現する」という架空の言い伝えをもとに、サイクリストの“望み”と称した豪華な景品が用意された。マヴィックからはカーボンモデルを含むUSTホイールが計7名分、電子盗難デバイスの「オルターロック」が計5名に、その他、ヘルメットやギフト券、プロテイン1年分など、サイクリストに嬉しい“望み”が目白押しとなっている。

 記者会見では、各地のアンバサダーや地域の担当者らがオンライン形式で参加。各地の魅力的なグルメや、ぜひ立ち寄ってほしいオススメスポットが紹介された。

ZOOMによるオンライン形式で参加した各地のアンバサダーや担当者たち Photo: Shusaku MATSUO
「現地ではグルメを楽しみながらクリアしたい!」と意気込んだビワイチアンバサダーのけんたさん Photo: Shusaku MATSUO

コロナ禍に対応した新たなイベントを

 イベント期間中はクラウドファンディングを活用したサイクルボールカード専用ホルダーや、挑戦中バッジなど限定グッズも販売される。その他、オリジナルサイクルウェアやキャップ、ガラス製のリアルなサイクルボールなどは一般販売も行われる予定だ。

「サイクルツーリズムと地域振興を両立したイベントにしたい」と語ったルーツ・スポーツ・ジャパンの中島祥元社長 Photo: Shusaku MATSUO

 サイクルボールを主催するルーツ・スポーツ・ジャパンの中島祥元社長は、「サイクルツーリズムと地域振興を両立するイベントにしたい」と宣言。「年に1回、1000人規模の参加者が訪れる従来型のイベントとは異なり、期間を長く設定し、分散型の誘客を図る仕組みです。コロナ禍の昨今においても有効だと思います。イベントには述べ1万人の参加者を見込んでいます」と展望を述べた。

 サイクルボールのイベント参加費は無料で、スマホに「ツール・ド」のアプリをインストールし、各地で使用することが条件となる。期間は2020年8月1日から2021年3月28日まで。

この記事のタグ

イベント 大会・イベント情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載