公共交通機関の“3密”避ける東京都の自転車通勤者、4人に1人が「新型コロナ流行後に開始」 au損保が6月に調査

  • 一覧

 新型コロナウイルス感染症拡大で、“3密(密閉、密集、密接)を避ける”通勤手段として、自転車通勤への注目が高まっている。au損保が6月19〜22日に東京都在住で週1回以上自転車通勤をしており、かつ勤務先から自転車通勤を認められている会社員の男女500人を対象に調査した結果、自転車通勤を「新型コロナ流行後に開始した」という人が23.0%(115人)と、およそ4人に1人が流行後に自転車通勤を始めたことがわかった。

© au insurance

感染リスク「下がった」が9割近くに

 新たに始めた115人にその理由を尋ねたところ(複数回答)、「公共交通機関での通勤を避けるため」が95.7%(110人)と、ほぼ全員という結果になった。次いで「運動不足解消のため」が44.3%(51人)、「ストレス解消のため」27.8%(32人)、「交通費を節約するため」21.7%(25人)となった。

 また、自転車で通勤することによって、公共交通機関で通勤するよりも新型コロナの感染リスクが下がっていると感じるかどうか全体で尋ねたところ、「感じる」60.8%(304人)と「やや感じる」27.2%(136人)を合わせると88.0%(440人)となり、感染リスクが下がっていると感じる人が9割近い結果となった。

© au insurance
© au insurance

 このほか、新型コロナの流行が始まって以降、勤務先から自転車通勤を推奨するアナウンス(公共交通機関の代わりに自転車通勤を推奨するなど)があったかどうかを尋ねたところ、「あった」の回答は32.0%(160人)となった。また、周りで以前よりも自転車通勤に対する関心が高まっていると感じるかどうかを尋ねたところ、「感じる」と「やや感じる」を合わせて72.4%(362人)が、自転車通勤への関心が高まっていると感じていることが分かった。

© au insurance

課題は会社側の受け入れ・交通環境の整備

 アフターコロナの日本社会において、自転車通勤の利用は今後広がっていくと思うかどうかを尋ねたところ、「思う」と「やや思う」を合わて79.0%(395人)となり、今後日本社会で自転車通勤は広がっていくと思う人が大半を占めた。また、自転車通勤の利用が今後広がるために必要なことを尋ねたところ(複数回答)、「自転車通勤を認める会社が増えること」が 71.8%(359人)で最多に。次いで「自転車用のレーン・道路の増加など、 交通環境の整備」68.0%(340人)、「会社が制度を整えること」67.8%(339人)、「自転車運転時の交通ルールの周知」56.2%(281人)となった。

© au insurance

 「会社が制度を整えること」と答えた人(339人)に、具体的にどのようなことを会社に求めるかを尋ねたところ(自由回答)、「会社からの自転車の貸与」、「駐輪場の用意・整備」、「自転車通勤手当の支給」などの声が多く挙げられた。

この記事のタグ

au損保 東京都 自転車通勤

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載