title banner

自転車通勤のススメ③クロスバイク用のライト&ベルの選び方とオススメを紹介 法定装備って知ってますか?

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧

 クロスバイクをはじめ、自転車は道路を走行する際、いくつか装備をしなくてはならないものがあります。大雑把に言えばライトとベルです。ここでは自転車の法定装備のルールを一通り押さえつつ、ライトやベルの選び方、オススメ製品を紹介します。

ベルやライトは法定装備!選び方とおすすめの製品を紹介します Photo: Shusaku MATSUO

ベルやライトのルールって?

 まず道交法にある自転車の法定装備ですが、「前後ブレーキ」と「ベル」(警音器)、そして夜間など暗い場所を走る際の「前照灯」と「反射板」(または尾灯)があります。クロスバイクならばブレーキは付いているでしょうから、その他の装備もちゃんと付いているか確認しておきましょう。

 クロスバイクならば、ベルは納車時点で取り付けられていることが多いでしょう。ライトや反射板は、付いていたりいなかったりです。夜やトンネルなど暗い場所を走らないなら一応不要ということになっていますが、通勤に使うのであれば当然必要になってくるでしょう。

辺りを照らすだけでなく、自分の存在をアピールするためのライト。必ず装備しましょう Photo: Shusaku MATSUO

 市街地など明かりのある地域だと、「ライトをつけなくても前が見えるから不要!」なんて人もいますが、ライトは周囲の人やクルマに、自分の存在を知らせるという役割があるので、絶対に付けるようにしましょう。

 ちなみにライトや尾灯には規定があり、前照灯は夜間に10メートル前方の障害物を確認できるもの、尾灯は夜間に後方100メートルから点灯を確認できるものが必要です(都道府県ごとの規定で、一部の県では前照灯5メートルや、尾灯50メートルの場合もあり)。あと、前照灯の色は白または淡黄色、尾灯は橙色または赤色と決まっています。たまに赤いライトを前に付けている人がいたりしますが、ルール違反です。

ライト(前照灯)の選び方

 ライトの選び方は、「明るさ」と「持続時間」がポイントになります。それぞれの走行環境によって、選ぶべきライトは少し変わってきます。

 まず明るさですが、市街地や住宅地など、街灯がほぼ途切れない場所しか走らないのであれば、200〜300ルーメンくらいのものでいいでしょう。ハイパワーすぎると図体が大きくなり、逆に使いづらいことがあります。ちなみに明るさの単位は、ルーメンやカンデラやルクスといったものがありますが(それぞれ意味合いが異なる)、自転車のライトではルーメンで示されることが多いです。

フロントライトは製品の明るさと、持続時間が選ぶポイント Photo: Shusaku MATSUO

 田舎道や、都市部でも河川敷とか、灯りが一切無い場所を走るなら、600ルーメンあたりで考えてみましょう。もっと強力なライトもありますが、クロスバイクくらいの速度ならオーバースペックかもしれません。明るすぎるライトは対向車の迷惑になる場合がありますので、使う時には向きをなるべく下向きにセットしましょう。

 必要な持続時間は、通勤にかかる時間や、ライトを使うのが片道なのか往復なのかによっても、変わってくるでしょう。筆者的には、想定される1日の使用時間×2くらいは最低欲しいです。電池式と充電式がありますが、フロントは電力消費が激しいので、充電式がオススメです。

 また、少しパワーの低いライトをサブで付けて点滅させるというのも、一目で自転車と分かりやすくていいと思います。なおメインは法令上、点滅で使ってはダメなのでご注意を。

オススメのフロントライト

 日本が誇るキャットアイの充電式ライト入門モデル。軽量&コンパクトで使いやすい、マイクロUSB充電式で電池を気にせず使える、まさに入門モデルといった一品。

 280ルーメンのマイクロUSB充電式ライト。裏面照射型レンズを採用していて、対向車が眩しい上側への光をカットしたり、遠い側が明るくなるようにしたりと、よくある円形レンズとは異なる、より最適化された配光を実現しています。ルーメンの数値以上に使いやすいライトだといえるでしょう。

リアライト(尾灯)の選び方

 反射板でも良いとされていますが、クロスバイクは車道でクルマに混じって走ることが少なくないので、周囲へのアピール力が高いリアライトがオススメです。また最近は昼間でもライトを点灯して、より安全を確保しようという考え方もあります。

十分な明るさの製品を選び、後続へ自身の存在をアピールすようにしましょう Photo: Shusaku MATSUO

 リアライトも選び方はフロントライトと同様、明るさと持続時間を念頭に選びましょう。明るさはボタン電池を使うような超小型タイプでなければ、ほぼ大丈夫だと思います。持続時間は乾電池式でも、十分な長さを確保できるでしょう。乾電池式なら電池切れでもコンビニ等ですぐに調達できるのがメリットです。好みに合わせて選びましょう。

 リアも法令上は点滅ではなく「点灯」が求められているので、それを念頭に選びましょう。フロント同様、点灯&点滅でダブルというのもありです。常時点灯しつつ点滅もしてアピールする製品なんてのもあります。

オススメのリアライト

 単4乾電池2本使用。明るさ&振動センサーを搭載しており、夜間やトンネルなど、暗いところで振動を感知すると自動で発光するので、スイッチ操作いらずです。点灯でも100時間というロングライフも魅力。

 ワンタッチで付けられるシリコンライトの元祖といえるノグの最新版。USB充電式ですが、ケーブルいらずでUSB-A端子に直接挿せて便利。防水・防塵のヘビーデューティーで、スタイルもコンパクトで美しいです。

ベルの選び方

 クロスバイクにはそもそも大抵ベルが標準装備されているので、問題がなければそれを使えばいいと思います。ちなみに取付けは義務ですが乱用は禁止されています。例えば歩道でベルを鳴らして歩行者をどかせる行為は「あおり運転」にあたるので注意しましょう。

 オススメ製品は、趣味的観点から選んでみました。細かいアップグレードを考えている人は参考にしてみてください。

オススメのベル

 自転車のベルといえば、思い浮かべる形というものがあると思いますが、ベル本体がハンドルバーに巻き付くという、これまでとは全く違う画期的なスタイルのベルです。メリットはベルが目立たずスマートで、取付けスペースもあまり消費しない点。鳴らした際の音も上品。高級品に属しますが、まあベルなのでさほど高くはないのも嬉しい点。

 小型のベルです。何が良いって、どんな場所にも取り付けられる点。付属のバンドだけでなく、ホームセンター等で売っている結束バンドを使えば、ほぼあらゆる場所に付けられます。ハンドルバー上って、ライトだのスマホだのを付けていくと、意外にスペース不足になってしまうことがあるのです。筆者はブレーキワイヤーの途中にこのベルを付けている人を見たことがあります。

※本記事の商品紹介リンクを経由して、商品・サービスを購⼊すると、その⼀部が紹介料として(株)産経デジタル(以下、当社)に付与されることがあります。

※本記事における商品紹介のリンク先は,当社が提供するサービスではありません。リンク先で表示される価格情報は最安とは限りません。リンク先での行動はすべて利用者自身の責任でご判断ください。当社は一切の責任を負いかねます。

この記事のタグ

ベル ライト 自転車アイテム セレクション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載