バイクインプレッション2020超快速な快適フラットバーロード ブリヂストンアンカー「RL3 FLAT」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ブリヂストンアンカーのフラットバーロード「RL3 FLAT」をインプレッション。アンカーのロードバイクをベースとした車体は、同価格帯のクロスバイクとは一線を画す技術とスペックが織り込まれていた。

ブリヂストンアンカー「RL3 FLAT」 Photo: Masami SATOU

将来的にはドロップハンドル化もOK

 アンカーのロードバイクには「PROFORMAT」(プロフォーマット)を用いたフレーム設計が施されている。人間が“より進む”という感覚を、コンピューター解析で物理的な数値として再現し、推進力を最大化する形状を実現した技術である。元々はレースで勝つために、選手のフィードバックを経たものであったが、“少ない力で進む”はロングライドや街中のライドであっても求められること。現在はエンデュランスモデルにも採用されている。

「プロフォーマット」技術を用いたフレームは推進力を最大化させる Photo: Masami SATOU
アップライトな乗車姿勢を可能にするヘッド周り。フォークはコラムまでカーボン製 Photo: Masami SATOU
コンポーネントはシマノ「クラリス」を採用。後にドロップハンドルへの換装も可能 Photo: Masami SATOU

 そのプロフォーマットが用いられているのが今回試したRL3 FLAT。ドロップハンドルモデルもラインナップされているが、こちらは名前の通りフラットバーが装着されている。ハンドル周り以外は共通のスペックを有しており、メインコンポーネントはシマノ「クラリス」という構成だ。フロントフォークはコラムまでカーボン製となっている。

ロード乗りも驚く走りの軽さ

 フラットバーロードというと、ロードバイクをこれから始めたいビギナー用…という認識も一部あるだろう。ロードバイクの方が優れている、そんな考えを払拭させてくれる走りの軽さがRL3 FLATにはあった。

 漕ぎだしから押し出されるようにスッと進み、20km/hほどの中速域からの加速も鈍ることはない。フルカーボンフォークの恩恵もあり、車体の振りも軽く、コーナリング性能も優れている。今回、シティライドを想定したカジュアルスタイルでの試乗をあえて試みたが、フラットペダルとスニーカーという組み合わせでも十分良く走る。

脚あたりがマイルドかつ、軽快で想像以上によく進む。既存のロード乗りでも大満足できる性能だ Photo: Masami SATOU

 アップライトな姿勢を取れる設計も評価できる。ただ“フラット化”したロードだと、前傾姿勢がきつすぎて快適ではなくなってしまうからだ。そうでありながら、角度のついたスタイリッシュなステムが抜群のカッコよさを演出しているのは気に入ったポイントである。

 べた褒めになってしまったRL3 FLATだが、唯一難点を挙げるとするとその軽さと速さだろうか。筆者は普段からロードに慣れ親しんでいるため、高い速度域でも制御できる。しかし、軽快車からの乗り換えとなると慣れが必要かもしれない。基本的には安定性が高い設計なので、まずはコントロールできる範囲から乗り始めてほしい。

 将来的にはドロップハンドルへの換装も可能なRL3 FLAT。ロードバイクとクロスバイクを迷っている読者はぜひ選んでほしい1台だ。

■ブリヂストンアンカー「RL3 FLAT」

税抜価格:76,000円
カラー:フォレストカーキ、ストーングレー、オーシャンネイビー
サイズ:390、440、490、540mm
完成車重量:9.8kg(490mm)ペダル付き

松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のタグ

アンカー バイクインプレッション ブリヂストン ブリヂストンサイクル

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載