バイクインプレッション2020ピスト生まれのネオクラッシック チネリ「ヴィゴレッリロードディスク」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 チネリの「ヴィゴレッリロードディスク」をインプレッションをお届けする。細身のクロモリフレームに、最新規格のディスクブレーキを搭載したネオクラシックなモデルだ。

チネリ「ヴィゴレッリロードディスク」 Photo: Masami SATOU

 ヴィゴレッリロードは、フィックスドギヤ(固定ギヤ)バイクのヴィゴレッリをベースに、ロードバイク用にアレンジを果たしたモデルだ。クロモリフレームらしく伝統的でシンプルな佇まいながら、足元にはフラットマウントタイプのディスクブレーキを採用している。

安定したブレーキングを可能にするディスクブレーキを装着 Photo: Masami SATOU
ダウンチューブ裏には遊び心溢れるイラストも Photo: Masami SATOU
オパール調のロゴや模様が光を帯びる Photo: Masami SATOU

 チューブはチネリとも関係が深いコロンブスのThronチューブで構成されている。フォークも同社のFUTURAで、こちらはカーボン製。上下異径のテーパーヘッドでねじれ剛性も高められている。

新旧組み合わせたチネリらしい1台

 元々はピーキーなフィックスドバイクがベースになっていたということもあり、ハードな乗り味かと身構えて試乗したのだが、想像以上に乗りやすい。硬質な剛性感かと思いきや、大きな力ではなくともBB付近がウィップし、リズミカルなペダリングを可能にする。

新旧の良い機構をミックスしたネオクラシックモデルだ Photo: Masami SATOU

 一方でハンドリング、直進安定性はイタリアンロードらしく高い。トップチューブとフロントフォークを軸に一本の線で路面と結ばれたように走り、タイヤの挙動もつかみやすい。特に高速域でビシッと締まる走りはさすがはチネリといったところ。2200gという重量級なフレームにディスクブレーキという組み合わせだが、急坂でない限りはそこまで気にならないほどだった。

 走りの軽快さ、スピードを比較するならカーボンバイクの方が1枚も2枚も上手だろう。しかし、ヴィゴレッリロードディスクはロードバイクの本質を決して速くないスピードでも楽しめるバイクだった。ロゴや模様はオパール調で非常に美しく、トラディショナルな形状に新機構のブレーキという組みわせもスタイリッシュに見える。新旧のマッチングが上手いチネリならではの仕上がりといえるだろう。郊外のサイクリングから、都市部を流すライドまで幅広いシーンで活躍する1台だ。

チネリ「ヴィゴレッリロードディスク」

税抜価格:135,000円(フレーム)
重量:2200g(フレーム)、450g(フォーク)
サイズ:XS (47) 、S (50) 、M (53) 、L (56) 、XL (59)

この記事のタグ

クロモリフレーム チネリ バイクインプレッション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載