バイクインプレッション2020本格ブランドが手掛ける入門用MTB GT「アグレッサースポーツリジッド」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 GTのマウンテンバイク(MTB)「アグレッサースポーツリジッド」をインプレッション。エントリーグレードでありながらトリプルトライアングルデザインを採用し、価格を5万円台前半に抑えた意欲作を試した。

5万円台前半の車体に“ブランドらしさ”を詰め込んだGT「アグレッサースポーツリジッド」 Photo: Masami SATOU

老舗が手掛ける本格派

 GTはアメリカでMTBを長年にわたって作り続けている老舗ブランドだ。シートステーをシートチューブが貫くトリプルトライアングルは同ブランドのアイコンとも呼べる技術で、衝撃の緩和や重量、剛性面にメリットを与えている。

トリプルトライアングルデザインを採用 Photo: Masami SATOU

 入門機、といっても10万円に迫るMTBが多い中、アグレッサーシリーズは安価な車種が揃っているのが特徴だ。特にアグレッサースポーツリジッドは5万1800円(税抜)と価格が抑えられている。サスペンション付きのフロントフォークではなく、シンプルなリジッドタイプを採用することで更なるコストダウンが図られている。

 しかし、スペックに妥協はない。前述のトリプルトライアングルデザインが採用されたフレームは、上位モデルと遜色ないスタイリングに仕上げられている。リジッドタイプのフロントフォークは振動吸収性ではサス付きに劣るものの、軽量かつ堅牢であり、ダボ穴を使ってキャリアも取り付け可能だ。ホイールはトレンドの27.5インチ規格を採用し、前後に機械式ディスクブレーキが備えられている。スポーツバイクの入門機としては十分な装備と言えるだろう。

リジッドタイプのフロントフォーク Photo: Masami SATOU
機械式のディスクブレーキを装備 Photo: Masami SATOU

 実走してもクラス以上の走りを示した。シンプルなリジッドフォークは舗装路と相性が良く、きびきびと軽快そのもの。サスペンションはないが、対象の段差ならタイヤのキャパシティー内に収まり、ハンドルがとっ散らかることもない。未舗装路でも同様で、山のダウンヒルや競技…となれば話は別だが、公園の草地や河原の砂利道なら臆することなく進んでいけるだろう。通勤・通学といった用途にくわえて、週末はアクティビティを楽しんでみる、といったマルチな使い方にも適している。

街乗りからツーリング、もちろん未舗装路も走れる万能なMTB。これからスポーツ自転車を選ぶ未経験者にオススメしたい Photo: Masami SATOU

 5万円台まで価格のラインが下がると、いわゆる“ルック車”のラインが見えてくるが、このアグレッサースポーツリジッドにはその安っぽさが微塵もない。安心してスポーツ走行を堪能できる精度とスペックが備わっている。さすがはGTといったところ。まずはここからスポーツバイクライフを始めてみてはいかがだろうか。

■GT「アグレッサースポーツリジッド」

税抜価格:51,800円(完成車)
カラー:ブラック、シルバー
サイズ:S、M、L

松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のタグ

GT バイクインプレッション マウンテンバイク

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載