title banner

使って良かった自転車アイテムヒルクライマー篠さんおすすめ インドアトレーニングを快適にするアイテム

  • 一覧

 自粛ムードが終わり、ようやく自由に外が走れると思ったら今度は梅雨突入。そしてその後に控えている猛暑を思うと…、サイクリストにとってインドアは手放せないツールになりそうですね。ということで、この記事では私がインドアトレーニングで「あると便利」と思ったアイテムを紹介したいと思います。実際使ってみた感想を織り交ぜながらそのアイテムを選んだ理由も述べていきます。

篠さんが使って良かったインドアサイクリングのお役立ちアイテムを紹介します Photo: Shino

「小振りなのに強力」なハイテク扇風機

 まずは愛用しているハイテク扇風機、Wahooの「KICKR HEADWIND スマートファン」です。以前、私の「ローラー部屋」を紹介した記事でも少しだけ登場しましたが、もう少し詳しく紹介したいと思います。

KICKR HEADWIND スマートファン。まるで生き物のような佇まい… Photo: Shino

 この扇風機はWahooが「インドアでよりリアルな走行感を再現するため」に開発したものだそうで、「実走に近い風を吹かせる」と聞いた時、「いくらなんでも室内でそれはやり過ぎでしょう!?」と正直思ってしまいました。が、そんな面白い発想から生み出された扇風機は、実はとても考えられた製品でした。

 まず程よいサイズ感と見た目に注目。高さ50cm未満、幅30cm、長さ46cmと、背が低いからデスクの下に収納できたり隙間に置けることが嬉しい。またブラック&グレーのボディに白青ロゴというスタイリッシュなデザインで、一見扇風機感がなく家具感覚で置けるので家のインテリアにもよく合います。

サイドから見た状態 Photo: Shino
非使用時の状態 Photo: Shino

 そして個人的に「ハイテク扇風機」と呼んでいる理由ですが、HEADWINDはWahooの「KICKR」と「TICKR X」と組み合わせれば心拍モード&スピードモード&ノーマルモードの3つのモードが使えます。

心拍モード:心拍センサーから受信する心拍数の上下に合わせて風量が自動的に調整される

スピードモード:スマートトレーナーから受信する速度の上下に合わせて実走に近い風量を再現

ノーマルモード:扇風機モード、手動で4段階選択可能

ハンドル幅程度しか風が広がらないので、ピンポイントで風が当たる Photo: Shino

 風量はさすがに業務扇風機にはかないませんが、最大だと体感的に家庭用扇風機の倍はあります。通常の家庭用扇風機は広範囲にふわりと風を送ってくるのに対し、HEADWINDは風を縦ラインに絞ったイメージです。吹いて欲しいところにダイレクトに風が当たるので、しっかり涼しい。高強度トレーニングにこの直線的な風は有り難いです。

 また、自宅で業務用扇風機を使用する場合、カーテンがばたつかないようにしたり、や小物が飛ばされないように気をつけている方が多いようですが、HEADWINDは真正面に置いた場合、横幅20cmほどの送風口から体に届くまでハンドル幅程度しか風が広がらないので、家の中の被害(笑)は心配無用です。

ユーザーのニーズを漏らさず拾う「レックマウント

 もう一つの推しインドアトレーニングアイテムは「レックマウント」です。自転車用のみならず数多くの種類のマウントを取り扱っているメーカーで、馴染み深い方も多いのではないでしょうか。

レックマウントのお気に入りセット Photo: Shino

 私が思うレックマウントの魅力は、かゆいところに手が届く製品を出してくれる所です。「これが欲しかった!」というユーザーのニーズを漏らさずに拾う“中の人”はだいぶマニアックな方だと勝手に想像しています(笑)。

 各サイコンメーカー対応のキットが用意してある上に、各パーツの組み合わせの自由度は非常に高いのが愛用し続けている理由でもあります。

 その中でもサイコンとiPhoneを同時につけられる室内専用マウント「インドア ワークアウト ブラケット(ガーミン マウント用)【GM-ZWB-R+】」は、まさに私が探し求めていたものでした。

「インドア ワークアウト ブラケット」(レックマウント製 ガーミン マウント用) Photo: Shino

 普段外を走る時はサイコンだけをつけていますが、室内トレーニングの際はiPhoneで音楽を流したり、動画を見たり、それこそ馴染みのZwiftではコンパニオンアプリを使いますから手元に携帯を置いておきたいですよね。

インドアトレーニング用にサイコンとスマホを搭載した状態 Photo: Shino
L字型のマウントで片方はどちら側からでもバイクのマウントに装着可能。アジャスターで折り曲げ部分の角度調整ができる Photo: Shino

 そして、iPhone(スマホ)ケース&スマホリングも、個人的にレックマウントのマストアイテム!です。これは日常的に使っていますが、とにかく丈夫な作りで1.5mの高さからiPhoneを落としても画面が割れないので重宝しています。

裏側にスマホリングが付けられる Photo: Shino

 このスマホリングは90°毎に向きを変えられて、取り付けも取り外しもワンタッチで簡単にできる、そして固定力も強いので最高です。スマホリングを外せばケースをそのままマウントに付け替えられる優れものです。

 

 そして「インドア ワークアウト アダプター(ガーミンマウント用)【GM-R+ZWA】&マグネットアダプター【R+Mag】」は、最近の「使ってよかったアイテムベスト3」に入ります。スマートフォンに影響のない磁石を使用したアダプターで、「置くだけ」でレックマウントのスマホリングとくっつきます。

インドア ワークアウト アダプター(ガーミンマウント用)とマグネットアダプターを使ってスマホを搭載した状態 Photo: Shino

 インドア専用に開発されたアイテムで、振動が強い場合は外れる可能性がありますが、ローラー時に使うなら全く問題ありません。私は主に三本ローラー中に使っています。

インドア ワークアウト アダプター Photo: Shino
マグネットアダプターの装着部分 Photo: Shino

 というのもわけがありまして…、三本ローラーは固定ローラーと違って支えなしに漕ぎっぱなしなので、マウントについているスマホを回す動作の弾みでハンドルを切ってしまう可能性があります。三本ローラーでハンドルを切るとバランスを崩して落車の恐れがあるので、軽いタッチで回転させられるのは本当に有り難いのです。

 1時間回し続けたい時、お供動画を切り替えたり連絡チェックしたいけどローラーの最中に携帯の向きを変えられなくて困っていました。が、このアダプターがそういった悩みを全て解決してくれました。

篠篠(しの)

ヒルクライムの魅力をSNSで発信し続けるインスタグラマー。主にアマチュアヒルクライムレースで活躍し、イベントのゲスト参加や自転車雑誌の露出も多数。伊豆市2020東京オリンピックPRモデルも務める。ASSOS、lapierre、Gacironのアンバサダー。人気ブログ『山は性癖です。』更新中。      

この記事のタグ

インドア ズイフト スマートトレーナー ローラー 自転車アイテム セレクション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載