県内外から200人が参加大人も子供も白熱のレース展開 宇都宮でブリッツェンクリテリウム

  • 一覧
レースに参加した子どもたちが真剣な表情でスタートを切った=24日、宇都宮市道場宿町レースに参加した子どもたちが真剣な表情でスタートを切った=24日、宇都宮市道場宿町

 自転車のプロレーシングチーム宇都宮ブリッツェンは24日、宇都宮市道場宿町で1周1.1kmのコースを周回する「ブリッツェンクリテリウム」を開催した。県内外から小学生から大人まで約200人が集まり、レースは大いに盛り上がった。

 ブリッツェンクリテリウムは自転車レースに慣れ親しんでもらおうと昨年から開催。小学生の部や初級、上級者の部など実力にあわせてカテゴリーを選べ、自転車も正式な競技用でなくてもスポーツタイプなら参加できるなど、誰でも気軽に挑戦できる。

 小学生の部では、家族やブリッツェンの選手が見守る中、子供たちが大人顔負けの白熱したレースを展開。後続を振り切りゴールすると、ガッツポーズで喜びを表した。

 小学1~3年生の部に参加した福島県南会津町の小学3年、渡部樹(わたなべ・いつき)くん(9)は最終コーナーで転倒して4位。惜しくも表彰台を逃したが、「悔しい。次は表彰台に上がれるよう頑張る」と雪辱を誓った。

MSN産経ニュースより)

関連記事

この記事のタグ

イベント 宇都宮ブリッツェン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載