今後もフランス拠点に開発タイムがロシニョールからWhaTTfornow傘下へ移行 来季はマトリックスチームをサポートへ

  • 一覧
フランスのバイクブランド「タイム」 © TIME

 フランスのプレミアムバイクブランド「TIME」(タイム)の全事業がこのほど、ロシニョール傘下から新たにWhaTTfornowへと移行することが発表された。定評のある自転車フレームとペダルの全てが移管され、今後もフランスで全てのプロジェクトが進められるという。また来年、国内UCIコンチネンタルチーム「マトリックスパワータグ」に自転車フレームを供給することが明らかになった。

 タイムは1986年に創業。革新的な機構を持つビンディングペダルで脚光を浴び、その後も高品質なカーボンフレームでロードバイクシーンをけん引してきた。

WhaTT For Nowは、独自色の強いe-BIKEを展開する新進気鋭のメーカー(公式サイトよりキャプチャ)

 創業者の死後にタイムを傘下に収めたロシニョールから、新たにタイムの事業を引き継ぐWhaTTfornow(WhaTT For Now)は、フランスで2016年に創業したばかりのe-BIKE(電動アシストスポーツ自転車)のブランド。踏力とアシスト力を別々に後輪へと伝達する独自のアシスト機構を備えたe-BIKEを、マウンテンバイク、グラベルバイク、コミューターバイクなど、幅広く展開している。

 タイムの事業移行にともない、タイム社のフランソワ・ゲルスCEOと、マトリックスパワータグの安原昌弘監督、吉田隼人選手がコメントを発表した。

タイム社コメント

 タイムの新しい1章がはじまります。自転車フレームとペダルの全事業を、夏までに、ロシニョール社からWhaTTfornow社に移行します。1986年に故ロラン・カタンが創業した真のイノベーションとテクノロジーを核心にもつタイムはフランス・ルミリーの旧サロモンスキー工場を新しいアドベンチャーのベースキャンプと定めます。プロジェクトはこれまで通り、すべてフランスで行なわれます。スタッフや製造拠点に変更はありません。製品供給にも一切の途切れはありません。

 すでに次世代のフレーム開発にも取りかかっています。ルミリーの拠点には新たなRTM製造設備を導入し、さらなる技術革新を遂げます。

 さらに日本市場では、この新たな旅立ちを記念して、来季からチーム・マトリックスパワータグへのフレーム供給を開始します。

 タイムの次のステップにご期待ください。

タイムチーム全員を代表して
フランソワ・ゲルス
タイム社CEO

国内強豪チームとして名をはせるマトリックスパワータグ © TEAM MATRIX POWERTAG

マトリックスパワータグ コメント

 正直このようなメジャーなブランドが我々に供給してもらえるのは無理だと考えておりました。しかしながらそれらが現実化していき、そしてそれが日本での初サポートが当チームであるということへ驚きとともに喜び、それにプレッシャーも感じています。

 今は、この新しい強力なチームメイトと走れるということのわくわく感と楽しみでいっぱいです。

 タイム社が当チームへサポートしてくれるということへの期待に応えたいです。

マトリックス パワータグ 監督
安原 昌弘

 今年は新型コロナウイルスの影響で世界的に大変なシーズンとなりました。

 正直なところ、選手はモチベーション維持も難しい時もありました。そんな中で来季のバイクが決まり、本来私たち選手がみなさんに元気を与えなければならない中、タイム社に大きな強いモチベーションを頂いたと考えております。

 僕個人的にはずっと乗りたかったバイクですので、楽しみで仕方がありません。

マトリックス パワータグ
吉田 隼人

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載