バイクインプレッション2020グラベル用レフティを採用 キャノンデール「トップストーンカーボンレフティ」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 キャノンデールからグラベルロード「トップストーンカーボンレフティ」が新たに発表された。特徴的な片持ちフォークの「レフティ」と、フレームのしなりを生かす「キングピン」をシートステーに備え、未舗装路の走行に特化したモデルだ。今回、舗装路とグラベルを実走し、その実力を試した。

キャノンデール「トップストーンカーボンレフティ」 Photo: Masami SATOU

実測9kgを下回る車重

 レフティは軽さと剛性の両立を実現したキャノンデールのアイコンともいえるサスペンションフォーク。同ブランドのマウンテンバイクに装備され、数々のレースで輝かしい戦績を残してきた。デザインもさることながら、類まれなるそのスペックで長年評価を得ている。

グラベル専用のレフティオリバーを装備 Photo: Masami SATOU

 トップストーンカーボンレフティに採用された「レフティオリバー」はグラベル用に開発された新型。未舗装路に最適な30mmのトラベル量を備え、肩のレバーでロックアウトの切換が可能になっている。ホイールの脱着は六角レンチで行い、ブレーキキャリパーの取り外しは工具不要。素早くかつ簡単にホイールを交換することができる。

 シートチューブのキングピンはフレームのしなりを生かしたサスペンションだ。路面からの突き上げをチェーンステーが受けてしなり、シートステーがキングピンを支点としてシートチューブを押し、サドルを上下に動かして快適性を向上させるシステムである。

ハンドルとステムが一体型の「ホログラム」を採用 Photo: Masami SATOU
特徴的なリアサスペンションシステム「キングピン」 Photo: Masami SATOU

 いくつもの特徴的な機構を備えたグラベルロードだけに、気になったのは重さだ。快適性を考慮するとしょうがないだろうと思いながら実測すると、ペダル無しで8.9kgというロードバイク並みの重量でとても驚いた。

 レフティをロックアウトをオンにして舗装路から走り始めると、ボリュームのある650Bのタイヤや、インパクト大なサスペンションからは想像できないほど走りが軽い。上り坂でも入力したパワーをスポイルすることなく進み、オフロード車としてのネガティブな要素は感じさせなかった。

路面の凹凸を前後のサスペンションが滑らかにし、安定したコントロール下の元でグラベルを楽しめる Photo: Masami SATOU

 いよいよ未舗装路に入ると本領を発揮。ロックアウトをオフにし、いささか速いスピードで砂利道のコーナーへ突っ込んでみる。すると路面の凹凸に沿うように足元が稼働し、手元や視線のブレを最小限に抑えてくれる。筆者は未舗装路の走行は得意な方ではないが、「少し上手くなったか」と思わせる余裕を与えてくれるのだ。リジッドフォークのトップストーンと比較しても確実に速く、安定した走りを実現できた。

 グラベルロードは拡張性に富んだ仕様が多く、キャリアやバッグなどを装備してツーリング車としても活用できるモデルが溢れている。トップストーンカーボンレフティも各部のボトルケージ台座やフェンダー台座など拡張性が確保されているが、できればこのバイクは最小限の装備で純粋に走りを楽しんでほしい。見た目と性能の良い違和感には走っていて思わずにやけてしまう、そんなキャノンデールらしい個性が光る1台だ。

■キャノンデール「トップストーンカーボンレフティ」

税抜価格:750,000円
サイズ:XS、S、M、L
重量:8.92kg
メインコンポーネント:スラム フォースe-tap AXS

松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のタグ

キャノンデール バイクインプレッション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載