title banner

インナーと末端の防寒対策は入念にロードバイク初心者が知っておきたい秋冬ウェアのこと 選び方からオススメ紹介まで

by 中山順司 / Junji NAKAYAMA
  • 一覧

 スポーツバイクは春~夏場なら薄手の格好ならとりあえずは走れますが、秋冬はやや注意が必要です。ただ厚着をすればいいわけではなく、気温やシチュエーションに応じて着るものを適切に調整しなければなりません。ウェアのデザインや名称を聞いただけでは、いつどこでどう使い分ければいいか分かりにくいものです。そこで今回は、自転車の「ウェアの選び方」の秋冬編をお届けします。

中山さん流の秋冬ウェアの選び方とは Photo: Junji NAKAYAMA

じつはインナーウェアがキモ

 秋~冬用ウェアというと、つい「厚手のアウターでしっかり防寒すればOKでしょ?」と考えてしまいがち。運動ではない通勤・通学であればそれで大丈夫ですが、汗をかくサイクリングはちょっと対処法が異なります。

 声を大にして言いたいのは、「アウターよりも先にインナーウェアに投資してほしい」ということ。エクササイズに適していないユニクロ等の日常用のインナーだと、発汗を逃すことができず、ベタッと濡れたままで余計に底冷えします。濡れたウェアで寒い中を走るのは本当にしんどいものでして、しかも乾いてくれないので寒さが持続してしまい、下手すると風邪をひきます。

妻の冬用インナー Photo: Junji NAKAYAMA

 サイクリング向け冬用インナーですと、熱や汗を素早く外に放出し、暖かさをキープしてくれます。理想はインナーが常に乾いた状態でいること。それさえ維持できれば、意外に寒さはしのげます。

 スポーツ用インナーは総じて高いもので、上下セットで揃えると2万円かそれ以上することもありますが、一度買えば数年は使い続けられるのでケチらず投資することをおすすめします。

レイヤリングで体温コントロールする

 インナーの上にアウターを着るわけですが、気温に合わせたものを選んでください。パッと見だとどれも似ているので、何℃まで対応してくれるのかわからないものです。商品にも「5℃対応」とか「10~15℃対応」とか表記があるので目安にはなりますが、「気温10℃ってどんなかんじだっけ?」とイメージが難しければ、店員さんにアドバイスを求めるのが一番。

 ちなみに、筆者の体感で言いますと、5℃対応のアウターであれば首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)の厳冬期でもしのげます。0℃対応だとやや暑すぎて使える期間が極端に短くなるので、それであれば1枚ウインドブレーカーを持っておき、5℃対応のアウターの上に着たり脱いだりするほうが良いでしょう。

気温に合わせてウェアとインナーを選択する Photo: Junji NAKAYAMA

 サイクリングは走っている間に気温も体温も変化するので、着る・脱ぐを繰り返します。たとえば、早朝はやや厚着をして、日が昇ってきたら1枚脱ぎ、日が暮れてきたらまたウェアを着を繰り返します。複数のウェアを重ね着し、気温と体温に合わせて素早く変化させられるよう、レイヤリングに工夫するのがよろしいかと。

 ちなみに筆者の冬の服装は「アンダーアーマーの冬用インナー」の上に「ラファの冬用アウター(ソフトシェル)」のみ。気温5℃までならこれでOK。2~3℃のときは薄手のウインドブレーカーを羽織るくらい。登坂で汗ばんだら胸元を開けて冷気を取り込み、汗だくになるのを防いでいます。

下は冬用ビブショーツ履いてます Photo: Junji NAKAYAMA

 ひとつ失敗談なのですが、初心者の頃「めっちゃ暖かいダウンジャケットを着れば完璧!」と思ってモコモコに着ぶくれしてでかけたところ、案の定あっという間に汗だらけになりました。脱いでも荷物になって運べない&汗まみれで寒くて脱ぐに脱げず、ガクガク震えながら帰宅。翌日しっかり風邪を引きました。厚着をすればいいのではないと身にしみて学びました。

身体末端の防寒対策もぬかりなく

 インナーをしっかり良いものを着て、気温に適したアウターを着ればおしまいではありません。最後にお伝えしたいのが「指先や足先の末端の防寒対策」です。

 身体の幹と中心を暖めるのは防寒の基本とは言え、指がかじかむとサイクリングがとたんに苦行に変わります。末端は血行が悪くなりやすいので、そこもしっかり対処してあげましょう。

 指はグローブで防寒対策をしますが、アウター同様に「~℃対応」と複数のタイプがあります。真冬に走るのであれば、やはり5℃対応くらいのものはほしいところ。指は汗をかかないのでサイクリング用ではないグローブでも汗だくになることはないですが、ブレーキレバーやシフトレバーの操作に適した形状をしていないので、単純に操作しにくいです。できれば、専用のモノを手に入れましょう。

グローブも専用のものだとレバー操作がしやすい Photo: Junji NAKAYAMA

 あと、足先についてですが、靴の中に使い捨てカイロを入れてもたいして効果が持たないです。補助的に使うならかまいませんが、それだけに頼るのはおすすめしません。

 カイロより効果が高いのはシューズカバーです。ビンディングシューズの上にスポッとかぶせるように履く厚手のカバーで、いわば靴用のアウターウェアのようなもの。カイロよりよほどコスパは高いです。

ビンディングシューズを履いている場合、足先はシューズカバーで覆ってあげると寒さが和らぐ Photo: Junji NAKAYAMA

 グローブとシューズカバーは2シーズンくらいでダメになる消耗品なので、高級品を買う必要はないでしょう。グローブであれば7000~8000円、シューズカバーなら4000円前後くらいで手に入るはずです。

まとめ

①インナーウェアをケチらず、良いものを着る

②インナー+アウター+ウィンドブレーカーのレイヤリングで体温コントロール

③手足の指先の防寒もぬかりなく

中山順司(なかやまじゅんじ)

ロードバイクをこよなく愛するおっさんブロガー。ブログ「サイクルガジェット(http://www.cycle-gadget.com/)」を運営。徹底的&圧倒的なユーザー目線で情熱的に情報発信する”ことがモットー。ローディの方はもちろん、これからロードバイクを始めようかとお考えの方が、「こんなコンテンツを読みたかった!」とヒザを打って喜ぶ記事をつくります。
twitter: @Cycle_Gadget(https://twitter.com/Cycle_Gadget

編集部オススメの秋ウェア

編集部大澤昌弘の注目
裏起毛素材を採用した15℃対応のジャージ。晩秋の今、使用するのに最適。ウィンドブレーカーや冬用のベースレイヤーなど、着るものを組み合わせることで、晩秋以降も長く着まわすことができそうです。夜間の視認性を高める再帰反射があったり、ずり上がり防止として、裾にシリコン加工を施しているなど、細かな配慮もうれしいところです。ちなみにフィット感は幅広い人に向けたベーシックフィットとのことです。

編集部大澤昌弘の注目
秋から冬への移行期に何かと役立つのが、アームカバーとレッグカバーです。暑いと感じたら、脱いでバックポケットに入れてしまえば問題なし。季節の変わり目には何かと役立ちます。裏起毛だと肌触りも気持ちいいです。

編集部大澤昌弘の注目
レッグウォーマーを使用するならアームウォーマーも同時に使うケースが多いと思います。季節の変わり目に必須のアイテムです。

編集部オススメの冬ウェア

編集部大澤昌弘の注目
5℃、10℃と細かく対応温度が分かれ、参考にしやすくシンプルでベーシックなデザインがあるという考えから、パールイズミをピックアップ(以下も同様)。後ろ身頃には、汗をかく部分い合わせて湿気を吸収発散させる素材を使っているほか、夜間の視認性を高めてくれる再帰反射が施されているなど、機能面の高さも光ります。こちらのフィット感はタイトなレースフィットと呼ばれるものとなるとのことです。寒さの感じ方は、その日の気温や太陽の出具合(晴天か曇りか)、走り方(ガチで走るのか、ゆったりサイクリングなのか)によって変わり、寒さの感じ方は個人差が非常に大きいものがありますが、ここでは5℃対応を掲出しました。

編集部大澤昌弘の注目
冬から真冬用のベースレイヤーとして2世代前の旧モデルを使用していますが、吸汗速乾性がありつつ、保温性が高いので、後継モデルの「Active Xtreme X」に注目。このモデルではクールマックスにも対応しており、さらなる高機能化が図られています。ベースレイヤーは外から見えない部分ですが、本稿の中山氏のとおり、お金をかけたほうがいいと思います。組み合わせの幅が広まり一枚あると何かと重宝するのではないでしょうか。

編集部大澤昌弘の注目
関東で冬場に走る際、レース志向の人は10℃対応でもこなせるという意見も聞きますが、寒がりな私の場合、5℃対応が最も出番が多いと感じています。ちなみに、寒さに弱い私でも関東を走る際、0℃対応の出番はほとんどないです。

編集部 石川海璃の注目
自分の経験談ですが、手や足など、体の末端を冷やさないようにすると寒い気温でもある程度大丈夫なような気がします。私自身はこの製品の少し前のシューズカバーを愛用していますが、今の時期から3月くらいまで、結構長い期間活躍するので気に入っています。

編集部 石川海璃の注目
シューズカバーと同じく、少し前のモデルを愛用しています。冬の間はこの5℃対応の製品がは長く使える印象です。防風・防寒対策できるのはもちろんですが、手の甲に再帰反射素材を設けており、安全面にもこだわっているのが分かります。

編集部 松尾修作の注目
このグローブ、ミトン部分がカバーになっていて、使用しないときには手の甲のポケットに収納できる優れモノなのです! 極寒の真冬にはミトンにして、秋や春先には指を出して使っています。1枚カバーを被せるだけで寒さの感じ方が違いますよ~。全体的に薄手なので、レバーの操作を邪魔することはありません。一押しのグローブです。

編集部 松尾修作の注目
シューズカバーの定番商品です。生地が柔らかいソックスタイプなので、シューズへの脱着も簡単なのが特徴です。適度な通気性があるので、厳冬期には向きませんが、足元を温かく保ってくれます。一般的なソックスよりも厚手なので耐久性も悪くありません。おすすめはホワイト! 汚れやすいですが、脚長効果抜群です。

編集部 松尾修作の注目
ネックウォーマーにも種類がありますが、個人的には薄めが好み。厚手だったり、起毛素材だと汗をかいて冷えたりします。バフのネックカバーは薄手で肌触りも良く、長く着用していも気になりません。くしゃりと余らせて使うので、隙間なく首を覆ってくれます。全体が長いので口元まで持ってきてもカバーできるのがポイントです。

この記事のタグ

サイクルウェア 自転車アイテム セレクション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載