新製品情報2020KCNCからスラムXD対応の超軽量12Sワイドスプロケットが発売 9-52Tの12段

  • 一覧

 KCNC(ケーシーエヌシー)から、フロントシングルギヤのMTBに最適な、スラムXD用の超軽量12S(12速)ワイドスプロケットが発売される。6月中旬出荷予定。9-52T、スラムXD用のみのラインナップとなる。

12段対応の超軽量スプロケットが発売 © KCNC

 フロントシングルギヤの普及にともない、ワイドレシオのスプロケットが求められるようになったが、重量がかさむことがデメリットだった。「12Sカセット 9T-52T SRAM XD用」は、KCNCが得意とする金属切削技術を生かした、325gと最軽量級の12Sワイドスプロケットとして完成をみた。

 ギヤの歯はロー側5枚は軽量な7075アルミニウム合金、より強度の求められるトップ側の7枚はSACM645アルミニウムクロムモリブデン鋼(スチール)を使用。ロー側の5枚は鮮やかなオレンジに輝いて個性を発揮する。

 KCNCはイギリスで設計され世界最高水準のCNC技術を誇る軽量パーツブランド。軽量を追及し優れたデザインのスモールパーツを多種類に渡って生産している。

■12Sカセット 9T-52T SRAM XD用

税抜価格:44,000円
カラー:シルバー/オレンジ
歯数:9-10-12-15-18-22-26-30-34-40-46-52T
対応:SRAM Eagle 12s、XDドライバー
材質:SACM645アルミニウムクロムモリブデン鋼(9-10-12-15-18-22-26T)、7075アルミニウム合金(30-34-40-46-52T)
参考重量:325g

この記事のコメント

この記事のタグ

KCNC MTB系パーツ ライトウェイプロダクツジャパン 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載