キャニオンがサポート総距離1200km「アトラス・マウンテン・レース」のドキュメンタリー映画が5月21日公開

  • 一覧

 キャニオンがサポートする総距離1200kmに及ぶ過酷なアトラス・マウンテン・レース。そのドキュメンタリー映画『イントゥ・ザ・リフト(大地の裂け目へ)』が、5月21日(木)朝4時からYouTubeでプレミア公開される。本編に先がけて予告編が公開された。

 総距離1200kmに及ぶアトラス・マウンテン・レースを完走するためには、アフリカ大陸・モロッコ王国の簡単には人を寄せ付けない、険しい山岳の道を走り続けなければなりません。2020年2月15日、選手たちはマラケシュをスタートし、大西洋岸までの忘れ去られた砂利道を辿って、焦げ付くような砂漠、雪に覆われた山頂、ヤシの木が生い茂るオアシスを走り抜けます。総獲得標高2万5000mの驚異的なルートには、8日間というタイムリミットが設けられました。

 勝つためには、いや完走を目指すにも、昼夜を問わずほぼノンストップで、何日も走り続けなければなりません。これは体力、精神力と睡眠不足の無限ループであり、世界でも数えるほどのライダーしかで挑めないことです。ひとりきりで走り、サポートもなく、フィニッシュへ辿り着くための物資を満載した状態で、各選手は熱疲労や機材トラブル、サドルの痛みと戦いながらゴールを目指さなければなりません。しかもこのレースに表彰や賞金はなく、美しいく険しいこの国に隠された道を探索しながら、自分を限界まで追い込むことで得られる満足感だけが、得られるのです(しかし、その保証はありません)。

 キャニオンとPEdALED、fi’zi:k、そして主催者でルートクリエイターのネルソン・ツリースが率いるレースクルーの支援を受け、このレースを記録したのは自身もサイクリストである、映画監督のブレイディ・ローレンス。高地の砂漠でバイクが壊れ80kmも押し歩きを強いられた選手の過酷さや、数日ぶりに温かい食事を食べる選手の素朴な喜びまで、レースのすべてを記録した。

『イントゥ・ザ・リフト』の監督は、アメリカ人サイクリストのブレイディ・ローレンス © Canyon/Nils Laengner
キャニオンライダーのジェームス・ヘイデンは、レースを5日間で走破し2位でフィニッシュ © Canyon/Nils Laengner
荒凉とした砂漠から雪化粧した山頂、緑豊かなオアシスまで、アトラス・マウンテン・レースは異世界のような風景の中を走り抜ける © Canyon/Nils Laengner

 この映画には、スポーツ界の大物選手や初めて超長距離を走る選手が登場し、壮大な冒険に挑むクレイジーな人々の姿に迫っている。荒凉とした異世界の風景を背景に、人間ドラマを捉えた『イントゥ・ザ・リフト(大地の裂け目へ)』は、真のサイクリング・アドベンチャーを深く掘り下げた作品だ。

夢のような、あるいは悪夢のような、広大な砂利道を駆け抜ける © Canyon/Nils Laengner

 ドキュメンタリー映画『イントゥ・ザ・リフト(大地の裂け目へ)』は、日本時間2020年5月21日朝4時からYouTubeでプレミア公開。公開後、トップライダー、レース主催者、映画監督とのZoom Q&Aセッションを予定している。

この記事のコメント

この記事のタグ

キャニオン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載