title banner

栗村修の“輪”生相談<179>30代男性「ライドすると股にデキモノができてしまいます」

  • 一覧

 
 30代の男性です。お尻の痛みで悩んでおります。

 ライド後、必ずといっていいほど恥骨の付近にデキモノができてしまいます。片側のときもあれば両側にできる場合もあります。ぷっくりと膨れ上がりひどいときは一週間弱ほど治りません。

 座面が固い椅子などに長時間座ると坐骨あたりにデキモノができたりもします。デキモノができやすい体質なのかな?とも思っています。

 サドルは買ったときのサドルをそのまま使用しています。サドル沼ということ言葉もあるぐらいで、なかなか手が出ません。ですがショートサドルがいいとかいう事も聞いたこともあり、試してみたい気持ちもあります。

 お尻の痛みの解決策はありますでしょうか?

(30代男性)

 僕も現役時代はけっこう股ずれに悩まされたんですよ。股ずれだけならまだしも、デキモノができてしまうとしばらくは自転車に乗れなくなってしまうので深刻ですよね。

 質問者さんの場合、椅子に座っていてもデキモノができてしまうということで、少し肌が弱い体質なのかもしれません。僕は医学の専門家ではないので診断はつかないのですが…。

 ただ、お医者さんでなくても確実に言えるのは、股ずれは、皮膚と何かが擦れている場所にできるということです。で、股ずれができない人もいることを考えると、皮膚が強い・弱いにかかわらず、皮膚にかかる圧力や圧力の位置を変えれば改善は可能でしょう。

 一つの改善方法は、サドルの位置ですね。一般的にはサドルが高いと股への圧迫が強まり、股ずれができやすくなると言われていますし、経験的にも正しいです。あと、座る位置も重要です。これも一般論ではありますが、サドルの後ろの方に座ったほうが股ずれができにくい傾向はあるでしょう。

 もちろん、ご自身に合ったサドルを選ぶのは大前提です。今はサドルを貸してくれるショップもありますから、サドルの試乗なんていかがでしょうか。ショートサドルについても質問者さんに合えば有効だと思いますが、問題はその「合う」かどうかなんです。それから、股間の殺菌・潤滑効果があるシャモアクリームは、ぜひ使ってください。

お尻(股)の痛みは、プロ選手も時には悩まされる、根深い問題だ Photo: Yuzuru SUNADA

 ただ、お尻の悩みは、初心者ほど悩まされやすい気がします。シリアスなサイクリストなら、体重をサドル・ハンドル・ペダルにうまく分散させますから、サドルにどっかりと座ることはないですよね。それに選手レベルになれば高いトルクでペダルを踏みますから、その反力がお尻にかかります。ですから、初心者と比べるとお尻への圧迫は相当少ないんじゃないでしょうか。初心者に多い、ハンドルが高くてサドルに体重がかかるポジショニングも股ずれの原因になる気がします。同じように、ダンシングを多用できれば股間への圧迫を和らげることができます。

 また、乗り込んでいるうちにつくお尻周辺の筋肉は、股ずれからお尻を守っているのかもしれません。選手を引退してから自転車に乗らなくなった僕は、たまに乗ると股ずれというか、股間の腫れや痛みに悩まされるようになってしまいましたが、これはお尻の筋肉が落ちたからだと思われます。

 あとはやはりデキモノ対策ですね。上記のシャモアクリームに加えて、練習後は速やかにシャワーを浴びて傷口(どんなにケアをしても小さな傷はついてしまいますので)を清潔に保ちたいところです。また、シャワー後に患部へオロナイン軟膏などを塗るクセをつけるのも有効かもしれません。ご自分に合う薬を探してみてください。

「股ずれ対策→擦れにくくする」「デキモノ対策→殺菌&清潔に保つ」という2つの問題を分けて考えるのがポイントだと思います。

 無理は禁物ですが、プロ選手やシリアスなサイクリストは基本的に股ずれ問題をクリアしているはずなんです。そうじゃなければ月に何千キロも乗れません。だから、ここに書いた方法のどれかが突破口を開いてくれるはずです。

回答者 栗村修(くりむら おさむ)

 一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役、ツアー・オブ・ジャパン 大会ディレクター、スポーツ専門TV局 J SPORTS サイクルロードレース解説者。選手時代はポーランドのチームと契約するなど国内外で活躍。引退後はTV解説者として、ユニークな語り口でサイクルロードレースの魅力を多くの人に伝え続けている。著書に『栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング』『栗村修の100倍楽しむ! サイクルロードレース観戦術』(いずれも洋泉社)など。

※栗村さんにあなたの自転車に関する悩みを相談してみませんか?
 ml.sd-cyclist-info@sankei.co.jpまで、タイトルを「輪生相談質問」としてお寄せください。

この記事のタグ

栗村修の“輪”生相談

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載