負担の少ないメニューに特化キナンサイクリングチームが選手による自宅トレーニング動画 1週間連続で配信

  • 一覧

 和歌山県と三重県の熊野地域を本拠地とするプロロードレースチーム「KINAN Cycling Team」(キナンサイクリングチーム)が、5月11日より、自宅でできるトレーニング動画「1 week challenge」の配信を開始した。“自宅でできる宿題”として、所属選手のうち7選手が日替わりでトレーニングメニューを紹介。短時間かつ負担の少ないメニューに特化し、性別や年代を問わず気兼ねなく挑戦できる内容にしているという。

「1 week challenge」ラインナップ

Day 1(5月11日) 山本元喜 プッシュアップ
Day 2(5月12日) 新城雄大 体幹トレーニング前の呼吸法
Day 3(5月13日) 中島康晴 プランク
Day 4(5月14日) 福田真平 首・肩のストレッチ
Day 5(5月15日) 荒井佑太 股関節のストレッチ
Day 6(5月16日) 椿大志 スクワット
Day 7(5月17日) 山本大喜 脚のストレッチ

 初日は元ロードレース全日本王者の山本元喜選手による、プッシュアップ(腕立て伏せ)の動画がアップされた。プロアスリートならではの大技も決めつつ、効果的なトレーニングのためのポイントをわかりやすく解説している。

 新型コロナウイルス感染拡大にともない、国内外のロードレースシーズンは中断中で、キナンサイクリングチームもチーム単位でのトレーニングとレース活動を休止している。感染状況が鈍化の傾向にあるものの、緊急事態宣言が延長されるなど、まだまだ予断を許さない状況が続いており、チームではサイクリストにとどまらず、全世界の人々をターゲットに、健康増進やストレス解消方法の提案をしていくという。

この記事のタグ

キナンサイクリングチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載