新製品情報2020シマノがMTBコンポ「DEORE」をモデルチェンジ 1×12速に新対応、リア11速も追加

  • 一覧

 シマノがマウンテンバイク(MTB)用コンポーネンツ「DEORE」をモデルチェンジして発表した。最高峰MTBコンポ「XTR」のコンセプトと技術を受け継ぎ、フロントシングル・リア12速に新対応。リア11速も追加され、従来同様のリア10速までカバーする、幅広いラインナップとなる。6月発売予定。

1×12速に新対応したシマノ「DEORE」M6100シリーズ © SHIMANO

 DEOREはシマノMTBコンポーネンツにおいて、「XTR」「DEORE XT」「SLX」に次ぐ、第4のグレード。昨年までにリア12速に対応した上位3グレードに続き、DEOREもついにフルモデルチェンジを果たした。リア12速仕様は「M6100シリーズ」、リア11速仕様は「M5100シリーズ」、リア10速仕様が「M4100シリーズ」となる。

 リア12速はフロントシングルのみ。リア11速と10速はフロントシングル、ダブル仕様に対応しており、多くのライダーのニーズ、幅広いライディングスタイルに対応する。

フロントシングル・リア11速仕様のM5100シリーズ © SHIMANO
フロントダブル・リア11速仕様のM5100シリーズ © SHIMANO
フロントシングル・リア10速仕様のM4100シリーズ © SHIMANO
フロントダブル・リア10速仕様のM4100シリーズ © SHIMANO
新型DEOREのラインナップ © SHIMANO

 リア12速のM6100シリーズでは、チェーンリングの専用形状によりチェーン保持力がアップした「ダイナミックチェーンエンゲージメントプラス」を採用。さまざまなライディングスタイルに対応するために開発された刃先形状により、チェーンが外れにくくスムーズなペダリングが可能となった。チェーンのかみ合わせが向上することで、摩耗を低減し耐久性も高めている。

どのようなフィールドにおいてもスピード、シフト効率、滑らかさを追及してドライブトレインをデザインした「HYPERGRIDE+」(ハイパーグライドプラス) © SHIMANO
レバーの取付位置をあらゆるライダーに合わせて最適化できる「I-spec EV」(アイスペック イーブイ) © SHIMANO

 M6100シリーズではこのほか、変速時の衝撃を抑えて変速時間を短縮するカセットスプロケットとチェーンの「ハイパーグライドプラス」や、シフトレバーとブレーキの取付調整範囲を広く確保してあらゆるライダーに合わせて最適化できる「アイスペック イーブイ」といった、上位グレードの技術を投入。またリアディレイラーは最大51Tまで対応しており、路面状況に合わせて最適なギヤが選択可能だ。

この記事のコメント

この記事のタグ

コンポーネント シマノ マウンテンバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載