自粛要請が緩和が追い風に延期のJBCFロードレース・宇都宮ラウンドの開催日が8月8、9日に決定

  • 一覧

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催が延期となっていた「JBCFロードシリーズ 宇都宮ラウンド(宇都宮ロードレース・クリテリウム)」が、8月8日(土)、9日(日)に開催する方向で準備していることが明らかになった。国内最高峰のロードレースシリーズ「Jプロツアー」を含めたJBCF(全日本実業団自転車競技連盟)のレースは、今シーズン開幕よりここまで全大会が延期もしくは中止となっているが、延期とされた大会では最も早く新しい日程が決まった。

「宇都宮クリテリウム」の様子(2016年大会) Photo: Shusaku MATSUO

 当初は5月9、10日に開催予定だった宇都宮ラウンド。新たな開催日程では、宇都宮クリテリウムが8月8日に宇都宮市清原工業団地、宇都宮ロードレースが翌9日に宇都宮市森林公園周辺で行われる予定だ。

 世界的に自転車レースの中止・延期が続いていたが、UCI(国際自転車競技連合)が4月15日に、7月からレース再開予定とする新しい2020シーズンの開催予定を発表。また5月5日に栃木県が、5月11日以降の活動自粛要請の緩和を発表したことで、宇都宮での大会開催へと至った。なお、今後の情勢の変化に応じて、日程以外の大会開催に関する詳細は随時変更となる見込みだという。

 宇都宮ラウンドは、地域密着型プロロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」の運営会社が中心となって開催するシリーズ。会場での併催イベントやレース前後の演出に力を入れ、地元のみならず全国各地から観客が訪れる、国内Jプロツアーシリーズの中でも高い人気を誇る大会だ。

この記事のコメント

この記事のタグ

Jプロツアー2020

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載