title banner

全部揃えて快適なサイクリングライフを楽しもう!ロードバイク初心者が最初に揃えたい自転車グッズの選び方と編集部オススメアイテムを紹介

by 中山順司 / Junji NAKAYAMA
  • 一覧

 暖かい季節になると、「ロードバイクを始めたい」と考える人も多くなりますが、そのときにふと考えてしまうのが「自転車以外に何を用意すればいいのか?」ということです。最初に揃えるべきグッズとして真っ先に思い浮かぶのはヘルメットや盗難防止の鍵…といったところでしょうか。しかし、その他にもいろいろ持っておくべきアイテムがあります。

 この記事では、ロードバイクを安全かつ最大限に楽しむために持っておきたいアイテムをまとめて紹介します。

ロードバイク初心が最初に揃えるべきグッズとは Photo: Shusaku MATSUO

ヘルメット

 どんな自転車であれ、ほんのちょっとの距離であれ、何はなくともヘルメットはかぶってほしいです。なにしろ、自転車事故では頭部損傷が上位を占めますし、ヘルメット未装着時の死亡率は高いです。ITARUDA INFORMATION 交通事故分析レポートNo.97によると、自転車事故死傷者の損傷部位の傾向はダントツで頭部がナンバー1です。

様々なデザインのヘルメットがリリースされています Photo: Junji NAKAYAMA

 女性は「髪型が乱れてしまうのがちょっと…」と思うかもしれませんが、命のほうが大事。装着は法律で定められてはいませんが、少なくとも「13歳未満は道交法により着用努力義務」があります。可愛らしいヘルメットを選べばそれはそれで十分素敵なファッションとして成立しますし、サイズ、カラー、形状も多種多様なのできっと似合うモノがあるはずです。

ウェア

 体にピッタリフィットしたサイクルウェアは、最初は着るのに勇気がいるものです。羞恥心が芽生えてしまうのなら、無理はせずにカジュアルなタイプを選べば問題ありません。

体にピッタリとフィットするサイクルウェア。風の影響が少ない Photo: Naoi HIRASAWA

 サイクルウェアはレースに特化したアスリート向けのモノから、カフェやレストランに入るときに気兼ねしないゆったりしたモノもありますので、好みに合ったものを選べばOKです。

グローブ

 初心者の中には、けっこうな割合で「自転車なんて素手でいいでしょ?」とグローブを軽視する方々がいらっしゃいますが、グローブほどやっているのとやっていないことの差が大きいアイテムはありません。

日焼けを抑制する効果もある Photo: Junji NAKAYAMA

 滑り止め効果があるだけでなく、衝撃を緩和してくれ、(落車等の)いざというときの怪我防止にも威力を発揮します。ロングライドのときはぜひ使ってほしいアイテムです。

ライト

 夜は走らないから不要! と考えるのは危険です。車道を走るスポーツバイクは車やオートバイから見落とされやすい存在なので、ライトで視認性を高めることを心がけましょう。それに、道路交通法や各都道府県の交通規則では前照灯・尾灯をつけなければなりません。つまり法律です。

道路交通法や各都道府県の交通規則では前照灯・尾灯をつけなければならないとされています Photo: Shusaku MATSUO

 もちろん、ドライバーから見られるだけでなく、自分の視界を確保するためにも欠かせません。暗くなってから点灯するのではなく、日が傾いてきた夕方に早めのライトオンをするのが効果的です。

ベル

 スポーツバイクは最初からベルが装備されていないものですが、実は必須アイテムです。各都道府県で定める内容は異なるものの、装備されていなければバイク購入後に取り付ける必要があります。

ベルの装着も必須となります Photo: Masahiro OSAWA

 ちなみに東京都ですと、「道路交通法第71条、東京都道路交通規則第8条」に自転車運転者の遵守事項として、「警音器の整備されていない自転車を運転しないこと」と定められています。

ロック

 高価なロードバイクは、盗難防止のために鍵をかけるのが当たり前。走るときは常に携行せねばならないので、まずはなるべく軽くてコンパクトなものを選ぶのがよいでしょう。

防犯性、携行できるサイズ・重さかどうかを考えて自分に合わせたものを選ぶ  Photo: Shusaku MATSUO

 壊されにくく、堅牢性を重視すると重くて大きくなっていくものですが、そこは許容できるバランスを探って見つけてください。

空気入れ

 ママチャリ(軽快車)と違って、ロードバイクのタイヤの空気は時間の経過とともに抜けやすいです。空気入れはライドのたびに必要になるので、「自転車屋さんで入れてもらえばいい」と考えるのではなく、常備しておくのがオススメです。

ロードバイクのタイヤは推奨空気圧が高く設定されているので、専用の空気入れがあると便利  Photo: Junji NAKAYAMA

 ただし、バルブの形状には米式、仏式、英式と複数のあるのでご自身のタイプと合うものを使ってください。ちなみに一般的なロードバイクですと「仏式」であることが多いです。

ボトルケージ

 水分補給は夏だけで大丈夫なんじゃ…なんてことはなく、季節・気温に関係なく汗はかきます。ただ「わざわざ専用ボトルを買うのはちょっと…」というのであれば、ペットボトルをそのまま差し込めるタイプが良いでしょう。万が一ボトルを忘れて出掛けても、出先で調達できるので安心です。

ボトルケージがあればドリンクボトルやペットボトルを取り付けられます Photo: Shusaku MATSUO

ケミカル類

 聞き慣れない成分が入ったケミカルはたくさんの種類があって「どれを何の目的でいつ使うんだろう?」と迷ってしまうことでしょう。難しいメンテナンスは自転車ショップのメカニックさんにお任せするとして、最低限の整備はご自身でできるほうがベターです。

オイルやクリーナーなど、用途に応じて様々な製品が出ている Photo: Junji NAKAYAMA

 まずは「チェーン用のオイル」を1本持っておけば十分。1本買っておけば1年は持つものです。

洗車グッズ

 晴れている日しかロードバイクに乗らなくても、屋外で使う以上汚れてしまうのは避けようがありません。汚れたままにしておくとフレーム表面の塗装の劣化も早まってしまったり、チェーンもダメになりやすいので、月に1回はお掃除デーを設けるのがオススメ。車体を洗うシャンプーとチェーンの油汚れを落とすパーツクリーナーが1本づつあればまずは安心です。

水を使わずに吹くだけで汚れが落ちる洗車グッズ「WAKO’S」(ワコーズ)の「フォーミングマルチクリーナー」 Photo: Masahiro OSAWA

 全部一気に揃えるのは予算的に大変だな~ということでしたら、まずは「ヘルメットとロック」の2つは揃えましょう。残りは徐々に買い足していけばなんとかなりますが、ご自身と愛車を守るアイテムはケチらずにしっかり投資して安全なサイクリングライフを送ってください。

中山順司(なかやまじゅんじ)

ロードバイクをこよなく愛するおっさんブロガー。ブログ「サイクルガジェット(http://www.cycle-gadget.com/)」を運営。徹底的&圧倒的なユーザー目線で情熱的に情報発信する”ことがモットー。ローディの方はもちろん、これからロードバイクを始めようかとお考えの方が、「こんなコンテンツを読みたかった!」とヒザを打って喜ぶ記事をつくります。勤務先はファベルカンパニー。
twitter: @Cycle_Gadget(https://twitter.com/Cycle_Gadget

編集部のオススメヘルメット

大澤昌弘のオススメ
典型的なアジア人型の頭の形をした私には、アジアンフィットを標榜する「LAZER Blade+AF」がぴったり。すっぽりと違和感なくかぶることができ、アドバンスドロールシスというヘルメットの機構を使って、密着度も高めることができます。デザインもよく、1万円程度で買える手軽さもいい。重量の軽さはさすがに上位機種に譲りますが、初心者向けにどれがいい?と言われたら、私は迷いなくこれをオススメします。カラーも多種多様なのでウェアに合わせて選べるところも自由度が高くていいですね。

編集部の注目ウェア

機能性に優れ、オシャレな製品です。タイトなフィット感でバタつきを抑えて、体のラインをきれいに見せるシルエットなのが特徴で、肩にはトレンドの縦溝が用いられており、空気抵抗の削減も期待できる生地を使用しています。価格が1万円を下回っているのにも注目です。シンプルでどんなバイクにも合うデザインながら、ペイズリー柄が個性を際立たせています。これさえ着ればサイクリストレベルが一気にアップすること間違いなし!

編集部のオススメグローブ

石川海璃のオススメ
タイト目のフィット感はグローブと手が一体になったような感覚です。マジックテープ式のグローブのような局部的な締め付けがなくてトレスフリー。分厚すぎない手のひらのパッドは路面からの振動を抑えつつ、情報をしっかりと伝達してくれます。デザインは非常にシンプルで車体や着るウェアを選ばないアイテム。シリアスライダーやレース志向の方にオススメしたい逸品です。

編集部のオススメライト

石川海璃のオススメ
街頭が多い都市部なんかではそこそこな明るさを発揮するライトです。200ルーメンの明るさでUSB充電式でこの価格はコスパがいいのではないでしょうか。アルミボディ製にしっかりとしたライトマウントが付属するのも見逃せません。

編集部大澤昌弘のオススメ
ライトって軽視しがちですが、ひとついいライトを持っていたほうが絶対にいいです。600ルーメンのこのライトならば、市街地で困ることはないでしょう。少々、値は張りますが、このライトをオススメしたいのは、多くのことができるからです。まず、1点目は、めちゃくちゃスタイリッシュにロードバイクに装着できること。ハンドルの上にちょこんと乗ったライトはやっぱり目立ちますよね。このライトなら、ハンドル下に取り付けて、ロードバイクのスタイリッシュさを保てます。2点目はスマホのモバイルバッテリーになること。これなら遠征してスマホのバッテリーが危機になっても大丈夫。3点目は別売のモジュールを交換すれば1000ルーメンのライトに変身できること。ライトとモバイルバッテリーを買ったと思えば、それほど高くはないかもですね。

編集部のオススメベル

松尾修作のオススメ
一見すると自転車用のベルには見えないスマートな形状が特徴的なKnog(ノグ)の「oi」(オイ)です。ハンドルにクランプして固定します。金具がフローティングして固定されており、親指でレバーを弾くと澄んだ音が長く響きます。「そんなにいい音するんだ!」と感心したほど。ロードバイクの洗練されたデザインに合う現代的なベルです。

編集部のオススメロック

石川海璃のオススメ
携帯性と汎用性を考えて選びました。4mmの太さ、1800mmの長さを備えたワイヤータイプの鍵です。これだけの長さがあれば構造物と自転車を一括りできます。複数人でライドする時なんかも、これ1本あればまとめて施錠できるので意外と便利。長い分かさばるので、ツール缶などに入れて持ち運びたいですね!

編集部のオススメ空気入れ

石川海璃のオススメ
米仏バルブに対応でで最大11気圧(160PSI)もの空気を入れられます。スポーツバイクから軽快車まで、様々なバイクの空気入れはこれ1つあれば賄えるはず。価格に似合わない軽いポンピングも魅力。女性でもハンドルにしっかりと体重を乗せればしっかりと空気を入れられると思います!

編集部のオススメボトルケージ

石川海璃のオススメ
カーボンファイバーとグラスファイバーをミックスしたボトルケージ。過去にUCIワールドツアーチームが使用していた実績のあるアイテムです。過酷なレースシーンでもボトルが落下しない保持力、何より豊富なカラーリングが魅力です。

編集部のオススメ ケミカル

松尾修作のおススメ
ピカピカの自転車でも、走っているうちにチェーンの油に砂やほこりを巻き込み、駆動部は真っ黒…。そんな時はこのワコーズ「パーツディグリーザー」がおすすめ。リキッドタイプなので、漬けてもよし、刷毛に塗ってもよし。油がみるみる分解されていきます。1回の掃除でそこまでの量は使わないので、1本で長く使えると思います。脱脂能力が高いので、掃除が終わったら欠かさず注油しましょう!

編集部のオススメ洗車グッズ

大澤昌弘のオススメ
吹いて拭くだけ。フォーミングマルチクリーナーはフレームに吹きかけて後はウエスで拭くだけで汚れが非常に落ちます。ウエスで拭いた後は、まるでワックスをかけたかのよう。もちろんワックスも存在していますが、個人的にはフォーミングマルチクリーナーだけでも十分綺麗になると思う。手軽に使えて綺麗になるので一度は試してみてほしいです。

後々揃えたいアイテム

 最初にこれだけは揃えたい!というアイテムを紹介しましたが、それ以外にも必要なアイテムがまだまだあります。下記の記事も参考にして下さい。

おすすめな汎用工具と使い方<1>

 スポーツバイクはメンテナンスが欠かせません。プロショップで豊富な経験を持つメカニックの村田悟志さんが工具基礎知識、あったら便利な整備用品(スタンド、グローブ、エプロン)について紹介しています。

おすすめな汎用工具と使い方<2>

スポーツバイクに使う工具でも使用頻度の高い六角レンチ。かつてプロショップでメカニックだった村田悟志さんが、現場の経験をもとにオススメの六角レンチを紹介。正しい使い方も教えています。

おすすめな汎用工具と使い方<3>

自宅で自転車整備をする際に欲しい工具のおはなし。第3回目は、締緩工具(ていかんこうぐ)の代表格「ドライバー」をご紹介します。

サイクリングにオススメなアクションカメラ「GoPro HERO8 Black」と「Insta360 GO」

 サイクリングした時の走行動画や風景を収める場合はアクションカメラがベスト! ライターの大関さんがオススメするアクションカメラ「GoPro HERO8 Black」と「Insta360 GO」を比較しました。

※本記事の商品紹介リンクを経由して、商品・サービスを購⼊すると、その⼀部が紹介料として(株)産経デジタル(以下、当社)に付与されることがあります。

※本記事における商品紹介のリンク先は,当社が提供するサービスではありません。リンク先で表示される価格情報は最安とは限りません。リンク先での行動はすべて利用者自身の責任でご判断ください。当社は一切の責任を負いかねます。

この記事のタグ

グローブ|サイクルウェア商品一覧

グローブ ケミカル サイクルウェア フロアポンプ/携帯ポンプ ヘルメット ボトルケージ ライト 自転車アイテム セレクション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載