ツール・ド・ランカウイ2013 第2ステージテオ・ボスがゴールスプリント制し2連勝 山岳ポイントは地元マレーシア勢が奪取

  • 一覧

 マレーシアを舞台に開かれている「ツール・ド・ランカウイ」は22日、セルダンからクアラカンサールまで117.8kmで第2ステージが争われ、前日に続いてテオ・ボス(オランダ、ブランコプロサイクリング)がゴールスプリントを制し、ステージ2連勝を飾った。


【映像提供:シクロチャンネル

 この日はイスラム教の休日である金曜日。レースもスタートが遅く午後3時と設定され、ヨーロッパから来た海外勢にとっては束の間の休息となった。

アジアらしい熱帯雨林を駆け抜けるプロトンアジアらしい熱帯雨林を駆け抜けるプロトン

 第2ステージでは途中、560mあまりの標高を獲得する2級山岳が設定された。レース前、選手たちは「山で仕掛けるチームが現れるのではないか」と口を揃えて警戒していた。

マレーシアの集落を駆け抜けるプロトン。先頭は佐野淳哉(ヴィーニファンティーニ・セッレイタリア)マレーシアの集落を駆け抜けるプロトン。先頭は佐野淳哉(ヴィーニファンティーニ・セッレイタリア)

 レースは序盤、アジア人ライダー中心の5人の逃げが決まる。メーン集団内は総合リーダーのテオ・ボスを擁するブランコプロサイクリングチームを中心に、ヨーロッパ勢がコントロール。翌日に控えた超級山岳ステージを見据え、牽制はあるものの集団全体はあまり動かぬままレースは進んでいった。

 新城幸也(チーム ヨーロッパカー)は、チームメイトで総合優勝を狙うピエール・ローラン、スプリントで勝負するブリアン・コカールのダブル・エースをしっかりアシスト。また、大集団を佐野淳哉(ヴィーニファンティーニ・セッレイタリア)が積極的に牽引する場面もみられた。

チーム ヨーロッパカーの新城幸也(左)は、総合優勝を狙うピエール・ローラン(右)と、スプリント勝負に賭けるブリアン・コカールのダブル・エースをアシストチーム ヨーロッパカーの新城幸也(左)は、総合優勝を狙うピエール・ローラン(右)と、スプリント勝負に賭けるブリアン・コカールのダブル・エースをアシスト
集団を牽引する中島康晴(愛三工業レーシングチーム)集団を牽引する中島康晴(愛三工業レーシングチーム)

 一方、先頭集団は途中設けられたスプリントポイントで、地元マレーシアのアヌア・マナン(シナジー・バク サイクリング)、マット・アミン(トレンガヌ・サイクリングチーム)がトップ通過を果たし、地元の観客を大いに沸かせた。しかしゴール手前10キロを過ぎると怒濤のごとくメイングループがスピードをあげる。

 前日に続いて集団スプリントにもつれ込んだ結果、激しい位置取り争いの中から残り300mでテオ・ボスがアシストのリードアウトから解き放たれ、この日もフィニッシュラインをトップで駆け抜けた。

優勝したテオ・ボス(中央)と2位のアイディス・クルオピス、3位のアンドレア・グアルディーニ優勝したテオ・ボス(中央)と2位のアイディス・クルオピス、3位のアンドレア・グアルディーニ
優勝して表彰台に立つテオ・ボス優勝して表彰台に立つテオ・ボス

 23日の第3ステージは、総合争いに大きく影響するといわれるゲンティンハイランドの超級山岳を迎える。

第2ステージ結果
1 テオ・ボス (ブランコプロサイクリング)  2時間54分48秒
2 アンドレア・グアルディーニ (アスタナ プロチーム)
3 アイディス・クルオピス (オリカ グリーンエッジ)
4 ブリアン・コカール (チーム ヨーロッパカー)
5 アンドリュー・フェン (オメガファルマ・クイックステップ)
6 フランチェスコ・キッキ (ヴィーニファンティーニ・セッレイタリア)
7 スティール・ヴォンホフ (ガーミン・シャープ)
8 ホセイン・ノテギ (タブリーズ・ペトロケミカル チーム)
11 盛一大 (愛三工業レーシングチーム) ※日本人最高位

個人総合成績
1 テオ・ボス (オランダ、ブランコプロサイクリング) 6時間54分45秒
2 アンドレア・グアルディーニ (イタリア、アスタナ プロチーム) +10秒
3 ワン・メイエン (中国、ハンシャンサイクリングチーム) +11秒
4 ブリアン・コカール (フランス、チーム ヨーロッパカー) +14秒
5 アヌア・マナン (マレーシア、シナジー・バク サイクリング)
6 アイディス・クルオピス (リトアニア、オリカ グリーンエッジ) +16秒
7 ソ・ジュンヨン (韓国、KSPO)
8 ジュンロン・ホー (シンガポール、OCBCシンガポール)
19 盛一大 (愛三工業レーシングチーム) +20秒 ※日本人最高位

 
(取材・シクロチャンネル 写真・砂田弓弦)
 

この記事のタグ

シクロチャンネル ツール・ド・ランカウイ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載