5月4日~5月30日まで開催新型コロナめぐり「国境なき医師団」を支援 ZWIFTがチャリティイベント「TOUR FOR ALL」

  • 一覧

  バーチャルサイクリングのインドアトレーニングプラットフォーム「ZWIFT」(ズイフト)が5月4日から30日までの4週間にわたり、ズイフト史上最大規模となる月間チャリティイベント「Tour for All」を開催すると発表した。「国境なき医師団 」(MSF) の活動と同団体の「新型コロナウイルス感染症危機対応募金」を支援するため、 総額25万ドルの寄付金を目指す。

参加者1人あたり1ドル、総額25万ドルの寄付を目指す ©zwift

25万人のZwifterで25万ドルの寄付を

 「Tour for All」は全5ステージで構成されるイベントで、各ステージが世界全てのタイムゾーンで開催される。「Tour for All」の名が示す通りサイクリストだけでなく、ランナー、トライアスリートもイベントの対象に含まれ、ロングとショートのグループライドとランのステージが用意されている。また競技志向が強い「Zwifter」(ズイフト利用者)向けには、各ステージのレースも用意されている。女性限定イベントの開催も予定しているという。

ランのステージも ©zwift
トライアスリートはライドとランを組み合わせて ©zwift

  ズイフトはイベントのキックオフを記念し、まず12万5千ドルを MSFに寄付する。そして世界中に25万人いるZwifterが「Tour for All」のイベントを1回完了した時点で、さらに12万5千ドルの寄付金を上乗せする。つまり25万人がイベントに参加すれば、 寄付金は総額25万ドル (参加者1人につき1ドル)に上る計算となる。なお、個人的にMSFへ の寄付を別途希望する人向けに、5月開催のイベントに先駆けて「Zwift x MSF」の寄付募集ページも開設するとしている。

エリック・ミン氏「ズイフトは世界のコミュニティを一つにする」

 ズイフトのCEOで共同創設者のエリック・ミンは、「ズイフトは世界中に広がるコミュニティを一つにし、人々の健康と安全を守る医療従事者のために支援金を募ることができるユニークな立場にある。現在、MSFは新型コロナウイルスによる緊急事態に対応するため、患者のケア、保健教育の啓発活動、メンタルヘルスのサポート、世界各地の医療施設における感染予防トレーニングの提供など数多くの対応策を講じ、1人でも多くの命を救おうと取り組んでいます。このチャレンジに参加して、新型コロナウイルスの対応に取り組むMSFを支援したいと思うのは私だけではないはず。世界中のZwifterの皆さん、楽しみながらMSFの活動を応援しましょう!」 と呼びかけている。

この記事のタグ

ズイフト

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載