バイクインプレッション2020新旧のスタンダードが調和したネオクラシック フジ「フォレアル」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 フジのユニークなクロモリバイク「フォレアル」のインプレッションをお届けする。スチールチューブ溶接という伝統的なフレーム構成に、カーボンフォークとディスクブレーキを装着したネオクラシックな走りを体感した。

フジ「フォレアル」 Photo: Masami SATOU

ストリート色を反映したデザイン

 フジは軽量バイクの「SL」シリーズや、エアロロードの「トランソニック」、本格派のトラックバイクなど、レースの第一線で活躍する車種を取り扱っている一方、ストリート寄りのカルチャーを色濃く反映させた仕様とデザインのバイクを次々にリリースし、多くのファンを魅了してきた。

フルカーボンフォークに油圧ディスクブレーキを組み合わせた Photo: Masami SATOU

 フォレアルは2020年モデルとしてデビューしたクロモリロード。コロンバス製のチューブから成るシンプルで伝統的なフォルムが目を引くが、足元にはフラットマウントタイプのディスクブレーキが装着。フロントフォークにはフルカーボンの「FC-440」が採用され、デザインに古臭さを感じさせない。鈍い光を放つざらついたセミマットな仕上げと、シンプルなロゴデザインが絡み、全体的にネオクラシックな雰囲気を醸し出している。

シフトワイヤーはフレーム外を、ブレーキホースはフレーム内を通る Photo: Masami SATOU
コロンバスのチューブを使用 Photo: Masami SATOU

マイペースに味わいたい1台

 新旧組み合わせてユニークな仕様を纏ったフォレアルは、走りに関しても特徴的な一面を見せた。若干のしなりを伴い、バネ感として心地よい推進力を生むクロモリフレームに、シャキシャキと軽快な振りを実現する高剛性なフロントフォークが合わさってバランスの取れた親和性が感じられた。スピードを上げてコーナーへ進入しても、定評のあるフォークと、スルーアクスルが効いてコシのある旋回性能をみせる。

新旧の良さを掛け合わせたネオクラシックな走りを実現 Photo: Masami SATOU

 どちらかというと激しい動きを伴った乗り方より、クルージングを主とするライドに向いていると言えるだろう。ダンシングでもリズムを大きく取った動きの方が相性が良い。今回試した車両にはより軽量なカーボンホイールが装着されていたので、完成車でのスペックではこの傾向が大きくなるはずだ。人と競うような場面ではなく、マイペースでライドを楽しみたいサイクリストに向いているという印象が強い。走れば走るほどに良さを実感できるクロモリ。その素材を引き立てる最新機材のメリットがうまく調和した1台であった。

■フジ「フォレアル」

税抜価格:150,000円(フレームセット)、280,000円(105完成車)
重量:2.75kg(フレームセット)、9.93kg(カタログ完成車)
サイズ:47、50、53cm

この記事のタグ

フジ(FUJI)のロードバイク

クロモリフレーム バイクインプレッション フジ ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載