バイクインプレッション2020ベストバイなセカンドグレード ジャイアント「TCR ADVANCED PRO1 DISC」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 2021年モデルとしてフルモデルチェンジを果たしたジャイアントの新型TCR。トップグレードの「SL」だけでなく、セカンドグレード以下もブラッシュアップが施された。今回は「TCR ADVANCED PRO1 DISC」のインプレッションをお届けする。

21年モデルとして登場した新型ジャイアント「TCR ADVANCED PRO1 DISC」Photo: Masami SATOU

 カーボンを繊維から自社工場で編みこみ、レーザーカッティングでカーボンシートを加工。人の手では実現不可能な精度のレイアップで、重量剛性比を極限まで高めたのがトップグレードの「TCR ADVANCED SL」だ。一方、今回インプレッションするセカンドグレードの「TCR ADVANCED PRO」は、上位グレードのデザインをそのままに、素材と作業工程を変更することでコストダウンを実施。手の届きやすい価格帯で最大限のパフォーマンスを備えて登場した。

コラムやヘッドチューブ、フォーク裏に設けられたカムテールデザイン Photo: Masami SATOU

 今回乗ったバイクは機械式のR8000系アルテグラにディスクブレーキ、新型のカーボンホイール「SLR1」の42mmハイトをアッセンブルした完成車だ。ジャイアントのパワーメーター「パワープロ」も備えている。また、ハンドルやステム類もジャイアントブランドで、サドルはトレンドのショートノーズタイプの「FLEET SL」だ。リアライトをスマートに装着できるUNICLIPシステムに対応し、利便性とデザイン性も持ち合わせている。

シートポストは調整式。エアロデザインは健在 Photo: Masami SATOU
新しくなったSLR1が走りの存在感を示す Photo: Masami SATOU

カスタムを楽しめないのが欠点?

 走りはどうだろうか。上位グレードのSLは抜群の軽さと扱いやすさで、乗り手に負担をかけない“人車一体”の速さを示した。一方、PROもコンセプトはそのままに、まとまりがある筋肉質な走りで楽しませてくれた。

 Mサイズの実測重量はペダルレスで7.55kgとディスクブレーキ仕様の完成車としては優秀な数字を示したPRO1 DISC。走りも低重心な設計から得られる振りの軽さで、足元の重量物を感じさせない。フロントフォークもシンメトリーとなったうえ、剛性も最適化されたのだろう。硬すぎず、柔らかくもない自然なフィーリングなので上半身に余計な力を入れる必要はない。もはやディスクブレーキのデメリットは見当たらない。

上位グレードの素性の良さを踏襲し、セカンドグレードとは思えない走りを実現 Photo: Masami SATOU

 特に良かったのはホイールとの相性だ。ワイドリム化し、CADEXの技術を取り入れたSLR1の完成度が高い。踏めばダイレクトに応え、抜けが良く巡航性能も向上しているのが分かる。フレーム、ホイール共にSLの完成車よりも重量はあるが、その分踏みごたえがあり、パワーを的確に受けている印象がある。クセのない新TCRの魅力を引き立てつつ、走りをより一層上質にする存在感を示していた。

 TCR ADVANCED PRO1 DISCの唯一の欠点を挙げるとすれば、カスタムの幅の狭さだろう。ステム長やサドルの相性が合わないことは別として、他のパーツを変える必要性が見当たらない完成度の高いパッケージだからだ。カーボンホイールにパワーメーターが付いて税抜45万円という価格は魅力的である。軽さや最高グレードへのこだわりが無いのであれば、TCR ADVANCED PROはベストバイなセカンドグレードと言えるだろう。

■ジャイアント「TCR ADVANCED PRO1 DISC」

税抜価格:450,000円
重量:7.55kg
サイズ:425(XS)、445(S)、470(M)、500(ML)mm
メインコンポーネント:シマノ・アルテグラ

松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のコメント

この記事のタグ

30~50万円のロードバイクジャイアント(GIANT)のロードバイク

30~50万円 ジャイアント バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載