8時間半で2370万円集める世界王者がチャリティー自宅トライアスロンを「完走」 キャニオンがレプリカバイクを寄付

  • 一覧

 トライアスロンのアイアンマン現世界王者で北京オリンピック金メダリストのヤン・フロデノ(ドイツ)が、新型コロナウイルス患者の治療に当たる医療従事者を支援するための寄付金を募ろうと、ロックダウン下にあるスペイン・ジローナで「自宅トライアスロン」に挑戦し、その模様をフェイスブックでライブ配信した。キャニオンはこのチャレンジをサポート。特別カラーのTTバイクを寄付のリターン用に贈呈した。

アイアンマン世界王者のヤン・フロデノが自宅トライアスロンに挑戦。キャニオンはこのチャレンジに賛同し、フロデノレプリカのTTバイクを寄付した © Canyon Bicycles

 チャレンジは4月11日に行われた。当日の気温は13℃。「スイム」ではウェットスーツを着用し、庭に設置したトレーニング用の流水エンドレスプールで3.8kmを泳いだ。

スイムは自宅の流水プールを使用 © Canyon Bicycles

 180kmの「バイク」パートは、ズイフトでWahooのスマートトレーナーを使用。ライドイベントとして一般公開され、スタート地点には日本を含む世界中から800人以上ものライダーが集まり、ファビアン・カンチェラーラをはじめとした著名人も参加。共にスタートしてフロデノを勇気づけた。

バイクパートにはカンチェラーラも参加した © Canyon Bicycles

 そして最終種目となる42kmの「ラン」は、同じくズイフトでトレッドミルを使用。最終的に8時間33分39秒で「完走」を果たした。

ランまで含めて合計8時間半あまりで「完走」を果たした © Canyon Bicycles

 寄付はさまざまなリターン(特典)のメニューが用意され、完走時点で集まった寄付金は20万ユーロ、日本円で2370万円に達した。

フロデノ専用バイクのレプリカが1台、リターン用に特別に作られ寄付された © Canyon Bicycles

 キャニオンはリターンのために、ヤン・フロデノカスタムカラーのTTバイク「スピードマックス CF SLX」1台を特別に制作して贈呈。SRAMから贈呈されたRed eTap AXSコンポーネント、Zipp858 NSWホイールを組み合わせた完成車として、1万5000ユーロ、日本円で178万円の寄付に対してのリターンに活用された。

 チャレンジは終了したが、引き続き募金を募っている。フロデノはこのチャリティへ寄せられた全額を、住まいのあるスペインの医療機関で使われるマスクや防護具の購入用に寄付するという。

この記事のコメント

この記事のタグ

キャニオン トライアスロン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載