国内最大級のオフロード自転車イベントシマノ・バイカーズが新型コロナ感染拡大の影響受け、延期へ 新たな開催日は10月10、11日の予定

  • 一覧

 オフロードバイクをメインとした自転車イベント 「第30回 シマノ・バイカーズフェスティバル」が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大のリスクを受け、当初予定していた8月1、2日の開催を見送った。新たな開催日は10月10、11日を予定している。

2019年度のシマノ・バイカーズフェスティバル。2日間で約2000人が集まった Photo: Kenta SAWANO

 今後も感染の広がりや各種動向をふまえ、開催日程を適宜見直す方向だ。開催可否や参加者募集については、今後公式ウェブサイトで告知していくという。

 シマノ・バイカーズは長野県諏訪郡富士見町にある富士見パノラマリゾートをメイン会場に、2日間にわたって開催されるイベント。雄大な自然の中レースやツーリングに加え、地元・八ヶ岳のグルメも味わえる。協賛ブースでは最新機材の展示やバイクの試乗なども行える。

昨年度の「富士見電動アシストスポーツガイドツアー・ロング」の様子。森の中のシングルトラックを一列になって駆け抜けた Photo: Kenta SAWANO
昨年のシマノブースではe-BIKE用コンポーネンツ「SHIMANO STEPS」搭載のBESV「TRS2 AM」ほか各メーカーのe-MTBがずらりと並んだ Photo: Kenta SAWANO

 2020年度はレースで使われるコースをブラッシュアップしたほか、50歳以上、女子カテゴリーを追加した。ツーリングイベントでは立ち寄りポイントを増やし、長野の良いところをさらに紹介する。地元の食材が集うマルシェには新たにパン屋が加わるという。

この記事のタグ

シマノ 大会・イベント情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載