バイクインプレッション2020飛ぶような軽さが人車一体を感じさせる ジャイアント「TCR ADVANCED SL0 DISC」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ジャイアントのアイコンとして20年以上の歴史を誇るロードバイク「TCR」がフルモデルチェンジを果たした。重量剛性比をクラス最高レベルに高め、エアロ化も追及。今回はハイエンドモデルの「TCR ADVANCED SL0 DISC」を実走して試した。

新型「TCR ADVANCED SL 0 DISC」をインプレッション Photo: Kairi ISHIKAWA

 ホリゾンタルフレーム全盛期から、独自のスローピングフレームで数々の戦績を残してきたTCRシリーズ。9代目の今作は大きな見た目の変化は伴わないものの、革新的な技術を纏って進化を果たしている。

インテグラルシートポストを採用したストイックなSLグレード Photo: Shusaku MATSUO

 エアロロードとしての空力性能は同ブランドの「プロペル」が抜きんでているが、オールラウンダーのTCRもモデルチェンジと共に向上させてきた。フロントフォーク、ヘッドチューブ、シートチューブはカムテール構造が用いられたほか、コラムやハンドルなどパッケージで開発。CFDによるデザインをもとに、風洞実験施設で動くマネキンを使い、実走により近い環境で数値を詰めてきた。

ヘッドチューブやフォークなど、各所にカムテールデザインが採用 Photo: Shusaku MATSUO

 また、SLグレードはジャイアント独自の最新技術を用いたフレーム製作が行われている。カーボンは繊維から自社工場で編みこみ、レジンにはカーボンナノチューブテクノロジーが採用される。できあがったカーボンシートは超精密なレーザーでカッティングされ、それをロボットが配置。無駄を極限まで省いた結果、前作比で140gの軽量化が実現した。剛性はそのままに、ダイエットを果たしたことでクラス最高の重量剛性比を手に入れている。

コラムまで空気抵抗を削減するデザインに。ブレーキホースは外装式 Photo: Shusaku MATSUO
最上級のADVANCED SL0グレードはCADEXホイールがアッセンブル Photo: Shusaku MATSUO

ダンシングが永遠に続く軽さ

 その軽さはペダルをひと漕ぎするとすぐに分かった。パワーをかけると抵抗を感じずに素直に、そして飛ぶように加速する。特にダンシングでの軽さは顕著で、重心を低く構えた特性と相性がいい。予想を裏切ったのが剛性感で、ポジティブな意味でマイルドであった。もちろん、パワーをかければ十二分に加速するし、剛性が不足している点は見当たらない。しかし、体に対する負担が低いためそう感じるのだろう。実際、トップチューブは必要以上に硬くないため、ダンシングがとても楽で、いつまでも上りで車体を振っていられた。上りのレースでは確実にアドバンテージになるはずだ。

いつまでもダンシングができる軽さが魅力 Photo: Kairi ISHIKAWA

 トータル性能を向上させた新型TCR、特にSLグレードが真価を発揮するのは長距離のロードレースだろう。軽さと剛性の両立、クセのないハンドリング、高いスタビリティは乗り手の負担を軽減させ、勝負所まで脚と余裕を残してくれる。アッセンブルされたCONTACT SLRのハンドル、ステム、また、サドルの品質も文句はない。完成車として高いレベルにまとめられた、さすがはハイエンドと呼べるモデルである。リアルレーサーはもちろん、扱いやすい剛性や乗り心地の良さは、初中級者でも実感できるだろう。レベルを問わない懐の広い1台だ。

■GIANT「TCR ADVANCED SL0 DISC 」

税抜価格:1,200,000円(完成車)
サイズ:680(XS)、710(S)、740(M)、770(ML)mm
重量:6.6kg(Mサイズ)
メインコンポーネント:SRAM RED e-tap AXS

松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のタグ

ジャイアント(GIANT)のロードバイク

ジャイアント バイクインプレッション ロードバイク

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載