特に優れた「優良企業」は表彰国の「自転車通勤推進企業」認証制度がスタート 推進宣言する企業・団体を募集

  • 一覧

 国土交通省が4月3日、自転車通勤を推進する企業・団体を認証する制度の創設を発表した。自転車通勤導入の取組を行う企業・団体を「宣言企業」として募集・認定する。認定されると公式ウェブサイト等で紹介を行うほか、認定ロゴマークの使用が可能となる。また自転車通勤の割合が一定以上となり、自転車通勤の取組が特に優れた企業・団体は「優良企業」として認定・表彰する。

自転車通勤推進企業の認証制度がスタート Photo: Ikki YONEYAMA

 「宣言企業」は日本に所在し従業員が2人以上いる企業・団体で、自転車通勤を認めており、①従業員用駐輪場を確保、②交通安全教育を年1回実施、③自転車損害賠償責任保険等への加入を義務化、の3項目全てを満たしていれば認定される。認定は5年間有効で、更新も可能だ。募集は4月3日より開始。今年5月に初回の認定を行い、その後は申請に応じて随時認定を行う。

 「優良企業」は宣言企業の中で、自転車通勤者が100人以上もしくは全従業員の2割以上を占め、独自の積極的な取組や地域性を含めて総合的に勘案し、特に優れた企業・団体を認定する。認定数は毎年5企業・団体程度になるという。優良認定企業は自転車活用推進本部長(国土交通大臣)から表彰され、優良企業の認定ロゴマークの使用が可能となる。

 認定ロゴマークはそれぞれ、ホームページ、広報資料、従業員の名刺等で使用が可能。社会一般へ「自転車通勤の積極的な推進により、環境負荷軽減や従業員の健康増進に取り組んでいる企業」としてPRし、イメージアップを図ることができる。

この記事のコメント

この記事のタグ

自転車通勤

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載