アイテムインプレッション2020歩きたいロードバイク乗り向けのSPD シマノ「PD-ES600」をレビュー

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 シマノの最軽量SPDペダル「PD-ES600」を試した。スタイリッシュで軽量なボディはロードバイクにも自然と馴染み、サイクリングと散策を同時に楽しみたいユーザーにおススメしたい。

ロードバイクにも合うスタイリッシュなデザインの「PD-ES600」をレビュー Photo: Shusaku MATSUO

ロードに合う洗練されたデザイン

 シューズとペダルを固定し、効率の良いペダリングを実現するシステムがビンディングである。ペダルを踏みこむだけでなく、引き上げる際の「引き足」を用いることで円運動をスムーズに運び、よりパワフルで、より疲れづらいライディングを可能にする。

歩きたいロード乗りに最適なシマノ「PD-ES600」 Photo: Kairi ISHIKAWA

 SPDはシマノのビンディングシステムであり、同社のSPD-SLとは機構が異なっている。SPD-SLは主にロードバイク向けに開発。デザイン、性能を特化させており、 シューズをペダルに繋ぐクリートがむき出しになっている。ペダリングの最適化を目的としているため、固定力に優れるものの歩きづらさがある。一方、SPDはマウンテンバイク向けに開発。クリートはアウトソール内に収まり、シューズは滑りづらい形状のソールを採用している製品が多く、歩きやすさも考慮されている。

 PD-ES600はスマートかつ、軽量なSPDペダルだ。クリートのキャッチは片面で行うタイプで、 重量は282g(実測値) に抑えられている。踏み面はワイドに設計され、力が逃げない形状に。ロープロファイルデザインはスマートな印象を与え、洗練されたロードバイクのスタイルを崩さない。

シマノ「PD-ES600」 Photo: Shusaku MATSUO
気負わない街乗りスタイルで試す Photo: Kairi ISHIKAWA

 インプレッションにあたり用意したシューズはシマノの「CT5」だ。一見するとスニーカーのようだが、れっきとした自転車用のSPDシューズである。クリート取り付け穴が用意されているのはもちろん、かかと近辺や、紐には反射素材が組み込まれ、夜間に車に対してどの角度からでも存在をアピールできる。

シマノのSPDシューズ「CT5」 Photo: Shusaku MATSUO

 ただ、それ以外は普通のスニーカーと変わらない。アッパーとソールは適度にしなやかで、クリートを付けた状態でも歩きやすい。サイクリングウェアではない、街を歩くファッションでも溶け込むデザインが魅力だ。

紐や後部の穴に反射素材が埋め込まれており、車へ存在をアピールできる Photo: Kairi ISHIKAWA
アウトソールにクリートが収められる Photo: Kairi ISHIKAWA

バイクを降りるきっかけを与えてくれる

 PD-ES600はシマノGRXで組んだサーリーのグラベルロードへ装着した。未舗装路を走るための太いタイヤや、ディスクブレーキが実は街乗りにも相性は抜群で、週末のグラベルライドだけではなく、街中の通勤、通学ライドにも大いに役に立つ。

脱着が多い都内のライドに最適な「PD-ES600」と「CT5」の組み合わせ Photo: Kairi ISHIKAWA

 信号が多く、ストップアンドゴーが多発する東京都内では、そのたびにクリートの脱着をする必要がある。ここでSPDが活躍する。軽い力で踏み込めばカチリと固定され、足首をひねると簡単に解除できるので、ビンディングペダルに慣れていないビギナーには最適だ。片面のみのキャッチではあるが、筆者が普段使っているSPD-SLも同様である。街乗りでは1秒でも早くクリートをキャッチしたいと急ぐこともないので、この点に不便さは感じなかった。

 急ぐことがなければ、普段流れる景色のスピードも落ちるもの。ゆったりと流していると、魅力的な店や景色にも出会う。SPD-SLであれば歩行が面倒で、サッと通り過ぎていた場所も、SPDであれば「ちょっと寄り道してみようか」とバイクを降りるきっかけを与えてくれる。一息つきたいカフェライドには最適だ。

サッとペダルを外して気になるカフェへ Photo: Kairi ISHIKAWA

 シマノではいくつもSPDペダルが揃っているが、未舗装路を目的としたものや、どちらかと言えばクロスバイクに合うデザインの製品が中心である。一方、PD-ES600は洗練された形状、スペックともに「ロードバイクでもSPDを使いたい」というユーザーを満足させるものだ。形式にとらわれないライドのスタイルが拡大している昨今、注目すべきペダルの一つと言えるだろう。街乗り派なサイクリストにお勧めしたいプロダクツだ。

■シマノ「PD-ES600」

税抜価格:9,178円
重量:282g(実測値)

この記事のコメント

この記事のタグ

シマノ パーツ・アイテムインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載