バイクインプレッション2020ハイアマチュアに最適なピュアレーサー ネスト「オルタナ プロ ディスク」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ネストから新しいフラッグシップロードバイク「オルタナ プロ ディスク」が登場した。ディスクブレーキを備え、新設計のフレームを採用して走りを最適化。ハイアマチュアが表彰台を狙うピュアレーサーだ。

ネスト「オルタナ プロ ディスク」 Photo: Masami SATOU

 ネストは日常で映えるスポーティなクロスバイクから、ビギナー向けロードバイクを取り揃える親しみやすいバイクブランド。一方、プレミアムモデルと称されたラインには、競技でも上位を狙える走りが発揮できるスペックを備えたモデルもラインナップされている。

T700カーボンを使った細身のフォークに、ディスクブレーキが備わる Photo: Masami SATOU

 これまで、ロードバイクの最上位モデルとして人気を博したのがオルタナ プロだったが、2020年モデルから新たに、ディスクブレーキを備えたオルタナ プロ ディスクが登場し、ハイエンドモデルの双璧を成すかたちとなった。ディスクブレーキを備えたことにより、完全新設計になったフレームには東レの高品質カーボンT800が、フロントフォークにはT700が用いられている。

直線的なデザインが特徴。細身のシートステーが振動を抑える Photo: Masami SATOU
多角形型チューブがマッシブなBBへと繋がる Photo: Masami SATOU

 フレーム形状はリムブレーキ版と比較すると、より直線的なデザインとなった。ホリゾンタルに近いトップチューブデザインは踏襲し、ダウンチューブやシートチューブはエッジが効いた多角形チューブを採用。シートステーはより細身になり、シートチューブの頂点からやや低い位置で接続し、コンフォート性能を狙った設計となった。

レース向けの高コスパなベース車両

 まず、スタイリングがいい。レーシーであり、跨る前から走りを期待させてくれる。フレームセットは税抜18万円と値付けされているが、もうワンランク上のクラスにも思わせる佇まいである。

ハイアマチュア向けの機材としてコストパフォーマンスに優れた1台 Photo: Masami SATOU

 走りに関してもハイアマチュアがレースで表彰台を狙えるものであった。際立った軽さや、進みの良さは身をひそめるものの、これといった弱点は見当たらない。重心がやや高く感じられたが、スピードが上がるごとに直進安定性も増し、スプリントで激しく車体を振っても挙動が乱れない。筆者が参戦しているJBCFのE1カテゴリーでも十分に戦えるスペックであるし、さらに上のクラスで走っていても違和感はない。

 フレームセットの販売となるため、これからディスクブレーキへと機材の移行を考えているのであれば良い選択肢の一つと言えよう。特に、これからレースに参戦を考えているサイクリストにとって最適ではないだろうか。シマノ105で組めば30万円ほどで収まるうえ、先々にパーツをグレードアップしても見劣りしないベースフレームだ。

ネスト「オルタナ プロ ディスク」

税抜価格:180,000円
重量:1040g(フレーム/520)、480g(フォーク)、190g(シートポスト)
サイズ:460(S)、490(M)、520(L)

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のコメント

この記事のタグ

10~20万円 カーボン ネスト バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載