『食い込み!サドルトーク』ピックアップ版あなたが自転車に乗っていて一番困ったトラブルは? コメンテーターの回答まとめ

  • 一覧

 みなさんのサイクルライフをコメントしてもらう連載『食い込み!サドルトーク』。今回のテーマは「あなたが自転車に乗っていて一番困ったトラブルは?」です。ここでは、コメンテーターの三船雅彦さん、マルコ・ファヴァロさん、ハシケンさん、浅野真則さんのコメントを紹介します。

2016年のツール・ド・フランスでメカトラに見舞われ、そのまま走るクリス・フルーム Photo: Yuzuru SUNADA

今回のお題:「 あなたのお薦めの自転車映画は?」

頂上付近で待っていたのは仁王立ちの熊

困ったこと…??(笑)
 ベルギーからロンドン経由で帰国する際、ロンドンに飛ぶ直前にヒースロー空港で空港ストライキで帰国できず。それもTOJの直前。ほぼ寝ずに走ったことか。前夜、すね毛伸びすぎや!と剃りながら時差ぼけと寝不足で寝落ちし、気がついたらすねをバッサリと髭剃りでそり落とし血まみれ…シャワールームは修羅場(笑)。
 いやいや、パスポート紛失事件かな。
 スロバキアの世界選に出場するためベルギーへ。空港でパスポートを落とし、入国のビザ発給が出来ないから世界選不参加と思いきや、直前で空港職員が拾い、同僚がたまたま第二監督の息子でギリギリでクリア、かな?
 違うな。
 SR600で峠の頂上付近でクマが仁王立ちだったこと?カモシカが飛び出してきてあと50センチのところで回避したこと?去年のフレッシュでRディレイラーがエンドごと粉砕し、結局チェーン直結して残り100km以上走ったこと…。
 でもすべて困ったけれど、何とかなっているんだよなぁ~ってことで、私はそんなに困った経験はありません。

左クランクが折れた

クランクの破損!
 雨の日を除き、自転車に乗らない日はほぼないので、自転車の整備に神経を尖らしています。でもトラブルも必ず起こります。一番困ったのが、クランクの破損。
 3年前の夏の夕暮れ。練習の最後の追い込みをやろうと思い、南多摩尾根幹線(通称「尾根幹」)の最後の上りを軽快にアタックしました。ところが、立ち漕ぎを開始したら左クランクが急に折れてしまい、ずど〜ん!全体重がサドルの上に叩き落とされ、急所にすごい痛みが走りました。
 どうにか落車を免れましたが、自宅まで15km以上!最寄駅もないし、輪行袋もない!ライトもない!手に負えない状態です。
 運良く右クランクが動くということがわかり、自走で帰ることを決心!
 折れたクランクと油まみれのパーツを拾い、片足で帰り道を1時間以上をかけて走り抜けました。変な走り方をしている外人だなと思われたかもしれませんが、無事に家に帰れました。右足はパンパン!
 でも初めてクリートのありがたさを実感しました。クリートがなければ、歩いて帰るしかなかったです。
 さて、次のトラブルを楽しみにしています。

サドルが取れて8kmダンシング

 ヒルクライムレースの途中でサドルが取れて、8km近くずっとダンシングで走り続けたことですね…。
 あれは2年前。毎年気合いを入れて挑んでいる乗鞍ヒルクライライムで、全長20kmのうち12km地点あたりでサドルが緩んで、しばらくしたら落下してしまいました…。もう頭は真っ白! サドルを拾いに戻り、ジャージポケットに入れて走り出すも、またポケットから落下…。さらにサドルのネジも落下…。結局取りに戻ること3度。
 大腿四頭筋は感じたことのない張りが出ても、座ることが許されない(笑)
 まさかの“事件”に、しばらく仲間の中でネタになってしまいました。ある意味で思い出に残るレースになりましたが、やっぱりメカトラは防ぎたかったというのが本音。
 大事なレース前は機材チェックを怠ることがないように気をつけたいですね!

スプロケットのロックリングが外れた

 自転車歴も今年で20年目に入りましたが、幸いこれまで大きなトラブルやケガに見舞われたことがありません。
 走行不能になるようなトラブルは、カセットスプロケットのロックリングが走行中に緩んできて、クランクが回せなくなったときぐらいです。
 ショップに点検に出した直後だったので、まさかそんなことになるとは思っていませんでした。
 そのときは家まで歩いて帰るには遠すぎ、公共交通機関もないような山間部でしたが、家族に救援をお願いして何とか事なきを得ました。
 小さいトラブルはいくつかあります。
 ライド中に3回もパンクして予備チューブを使い切ってしまったとか、パンクしたときに大きな木ねじがリムまで貫通して古いけれど結構高価な完組ホイールをおしゃかにしてしまったとか……。
 その都度装備を見直したり、痛い思いをしないようにマメにメンテナンスするようになり、だんだんトラブルに見舞われる頻度も減ってきたように思います。

この記事のコメント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載