バイクインプレッション2020軽さと使い切れる剛性が魅力 ボーマ「アルマー ディスク」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 今週のバイクインプレッションコーナーでは、ボーマの「アルマー ディスク」の実走リポートをお届けする。カーボン製品を得意とするボーマだけに、玄人好みのスペックに仕上げられたバイクだ。

ボーマ「アルマー ディスク Photo: Masami SATOU

 高品質なカーボン製品作りを得意とするボーマ。ロードバイク、トラック、シクロクロス用のフレームだけでなく、ハンドル内部などのパーツやホイールに至るまで多くのラインナップを取り揃えている。

 アルマーは総合力に長けたオールラウンダーのミドルグレードだ。トレンドの12mmスルーアクスルと、フラットマウントタイプのディスクブレーキを備え、走りに磨きがかかった。フレーム重量は865gと軽量に仕上げられているのも特徴だ。

スルーアクスルにディスクブレーキが組み合わさる Photo: Masami SATOU
弓なりで細身のシートステー Photo: Masami SATOU
鮮やかなグラデーションが特徴の一つ Photo: Masami SATOU

 フレームデザインは至極シンプル。過度にボリュームを持たせておらず、ブレーキホースやシフトのアウターワイヤーはダウンチューブから内装されるデザインだ。流行のエアロロードのようなさっぱりとした印象のハンドル周りにはならないが、整備性は優秀である。ステムやハンドルを交換する際にも工数が減る。自ら走って、いじりたいライダーこそ喜ばれる形状ではないだろうか。

ヴィクトワール広島が実戦へ投入

 走りはいたってスムーズ。踏み出しに力む必要はなく、素直にスッと前にでる。ダンシングをするとしなりを感じるが、パワーをロスしている様子はうかがえず、気持ちの良いバネ感が足の運びを加速させたくなる。

しなやかな走りが快適な速さを生む Photo: Masami SATOU

 乗り心地も優秀だ。弓なりで細身のシートステーが狙い通りに仕事をしているのがわかる。身体に伝わる振動は明らかに軽減されているので、長い距離を走った際は確実に疲労の蓄積度合いは軽減されるだろう。

 ディスクブレーキを搭載しながら、重量は軽く俊敏、かつ、使い切れる剛性を備えたアルマー ディスクは日本人の体形にもマッチするだろう。長距離のレースでも、脚を最終局面までグッと溜める…そんなシチュエーションにも適している。 玄人好みでありながら、多くのレベルのサイクリストが満足する出来栄えだ。 今季からJプロツアーのヴィクトワール広島の選手が使用することが決まっており、国内最高峰のカテゴリーでどのような走りが披露されるか楽しみである。

■ボーマ「アルマーディスク」

税抜価格:190,000円(フレームセット)
サイズ(トップ長):S(520)、M(531)、L(545)
重量:865g(フレーム)、430g(フォーク)

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のコメント

この記事のタグ

ボーマ(BOMA)のロードバイク

10~20万円 バイクインプレッション ボーマ ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載