自転車協会スペシャルサイト自転車のルール、守らなくても大丈夫? リスクとメリットから道交法順守を考える

  • 一覧
自転車も道交法をしっかり守るべきである理由とは? Photo: igaguri_1 / iStock / Getty Images Plus

 自転車で道路を走る際に守らなければならないのが道路交通法、いわゆる道交法です。さまざまな細かいルールが定められていますが、まずは根本の考え方を知ることで、それぞれのルールへの理解も深まります。自転車協会スペシャルサイト「ENJOY SPORTS BICYCLE」では、自転車を安全・快適に楽しむため、さまざまな角度から掘り下げた記事を掲載しています。

 乗り方コラム「スポーツ用自転車の乗り方、走り方」には、道交法の目的と守るべき理由について論じた記事も。日本では現状、残念ながら、基本的なルールすら守らない自転車が少なからず見かけられますが、実のところ自転車で多少ルールを守らなくても、すぐに事故につながるということは確率として大きくありません。

 コラムでは、それでもルールを守るべきと、いくつかのリスクとメリットを提示して論じています。直接的に事故を避けるだけでなく、自転車の走りにくさを減らす…ルールを守るということは結局、社会の中で自らの立場を守り、強化することにつながるのです。

 幅広い道交法のルールで何をまず守るべきかは、近年、「自転車安全利用五則」でシンプルにまとめられています。分かりやすい内容ですが、まだまだ完全には浸透しておらず、広く守られているとは言いがたいのが現状ではないでしょうか。

 サイクリングで自らの安全を守る方法は、ルールとマナーに、ノウハウを組み合わせた上に成り立つと言えるでしょう。サイトではコラム「道路を走るコツ」でも、さまざまな角度からルールやノウハウを紹介しています。

この記事のコメント

この記事のタグ

自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載