「サイクリスト*フレンドリー*ヴィラ.Ⅰ」那須ブラーゼン監修の貸別荘が那須ハイランドに今春オープン 土間付き、開放的な1LDK

  • 一覧

 栃木県の那須地域を拠点とする観光地密着型プロサイクルロードレースチーム「那須ブラーゼン」が監修した宿泊施設が、3月中旬から那須ハイランド別荘地にオープンする。自転車の室内保管やメンテナンスができる広い土間空間や、プロチーム監修の専用工具を完備。一棟2〜6人で宿泊でき、宿泊料金は平日1泊3万9000円(税抜)〜。

「サイクリスト*フレンドリー*ヴィラ.Ⅰ」の室内イメージ。自転車をそのまま持ち込める広い土間と、開放的な空間が特徴(NASPO提供)

 宿泊施設の名称は「サイクリスト*フレンドリー*ヴィラ.Ⅰ」で、「那須高原TOWAピュアコテージ」「那須ハイランドリゾート」を運営する藤和那須リゾートと、住友林業が建築。今後はシリーズとしてⅡ、Ⅲ以降も検討中だという。

 建物は住友林業オリジナルのビッグフレーム構法を採用した木造平屋建て1LDK。土間・リビング・ダイニング・キッチンが一つになった壁のない約28.5畳の大空間を実現している。大広間の外壁は約95%をガラス窓による大開口で、日中は那須の自然豊かな景色、夜にはライトアップされた植栽の景色が楽しめる。消防署や警察署といった施設と同等の耐震性も実現している。

那須高原ロングライドの様子 © YUKIOMAEDA/M-WAVE

 那須ハイランドリゾートは東北自動車道「那須IC」より約13km、同「黒磯・板室IC」より約19kmに位置する、那須最大の別荘地の総称。北関東最大級の遊園地「那須ハイランドパーク」のほかにオフィシャルホテル、コテージ、さまざまなニーズに対応した別荘タイプの宿泊施設を用意し、数日間にわたって存分に楽しめる滞在型総合複合リゾート施設となっている。

NASPO(那須ブラーゼン運営会社)コメント

 メインスポンサーである藤和那須リゾート株式会社と、また新たな取り組みをスタートできることを大変嬉しく思います。 那須エリアは、那須ブラーゼンのようなプロサイクルロードレースチームが存在し、国際ロードレースのような大会や、毎年全国から3000名のライダーが集結してサイクリングを楽しむ「那須高原ロングライド」など、様々なレースやサイクルイベントが開催されている、日本有数のサイクリング環境が整っている観光地です。そのようなエリアの中に、今回、サイクリストをお迎えするための象徴的な施設の運用がスタートすることで、サイクリストウェルカム・フレンドリーなエリア体制づくりに大きく前進できたと感じております。那須を訪れる多くのサイクリストの皆様に当宿泊施設をご利用いただき、那須エリアの魅力を存分に感じて頂けましたら幸いです。

サイクリスト*フレンドリー*ヴィラ.Ⅰ

場所:那須ハイランド別荘地内(栃木県那須郡那須町高久乙 3376、那須ハイランド別荘管理事務所向い)
構造:木造平屋建て(住友林業オリジナルビッグフレーム構法)
規模:1LDK・延床面積 77.63m²・建築面積 82.81m²
プロチーム監修の専用工具配備:六角レンチ一式・トルクスレンチ 一式・ドライバー・フロアポンプ・シマノDi2充電器(内装・外装)・メンテナンススタンド・チェーンオイルなど

この記事のコメント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載