新製品情報2020キャニオン「エアロードDisc」2020モデルが発売 クラシックレースで選手ら使用のバイク

  • 一覧

 ドイツのスポーツバイクブランド「Canyon」(キャニオン)が、油圧ディスクブレーキ仕様のエアロロードバイク「Aeroad Disc」(エアロード ディスク)の2020モデル完成車を発売した。いよいよ開幕した欧州クラシックシーズンにおいて、選手がレースで使用するバイクだ。

クラシックレースの難関、石畳の急坂を突き進む、エアロードDiscのバイク © Canyon Bicycles

 キャニオンのバイクは今シーズン、モビスターチーム、アルケア・サムシック、そしてアルペシン・フェニックスといったトッププロチームに供給されている。

 そのなかでモビスターの選手たちはクラシックレースのみならず、ツール・ド・フランスなどグランツールでもほとんどのステージで、他のモデルではなくエアロードDiscを選択しているという。一般に空力特化のエアロロードは他の性能が犠牲にされることもあるが、エアロードDiscは高い空力性能だけでなく、十分な軽量性と快適性も備えていることが理由として挙げられる。

 2020モデルのエアロードDisc完成車は、フラッグシップのSLXクラスと、ミドルグレードのSLクラスをラインナップ。SLXにはコンポーネントメーカー純正のパワーメーターを標準装備する。

エアロードCF SLX Disc

エアロードCF SLX Disc 9.0 eTap(スラム RED eTap AXS)7.27kg 869,000円 © Canyon Bicycles

 フラッグシップグレードのSLXクラスは、世界選手権やグランツールといった世界の頂点を極めた、華々しい実績を誇る、トッププロ選手への供給仕様。フレームにはウルトラハイモジュラスカーボンファイバーを使用し、SLクラスよりも軽量化し、重量比剛性、反応性も向上している。完成車仕様もそのハイグレードなフレームに見合った、プレミアムなカーボンホイールや電動コンポーネントを採用している。SLXこそは「完璧」を実現したバイクに冠される称号だ。

SLXラインナップ(モデル名/メインコンポ/完成車平均重量/価格)※価格は税・送料を除く

・エアロードCF SLX Disc 9.0 eTap(スラム RED eTap AXS)7.27kg 869,000円
・エアロードCF SLX Disc 9.0 Di2(シマノ Dura-Ace Di2)7.10kg 819,000円

エアロードCF SL Disc

エアロードCF SL Disc 8.0 Di2(シマノUltegra Di2)7.60kg 529,000円 © Canyon Bicycles

 SLクラスはキャニオンの革新技術により、高性能なカーボンフレームをミドルグレードの価格に収めることに成功。SLXクラスに肉薄しつつわずかな重量増と引き換えに、同等のフレーム剛性、耐久性、快適性、そして品質を備えている。SLXクラスと同時平行で開発され、機能性においては同等。その走行性能の高さは、ブラインドテストで見分けるのが困難なほどだ。

エアロードCF SL Disc 8.0 eTap(スラム FORCE eTap AXS)7.73kg 579,000円 © Canyon Bicycles
エアロードCF SL Disc 7.0(シマノ105)8.00kg 379,000円 © Canyon Bicycles

SLラインナップ(モデル名/メインコンポ/完成車平均重量/価格)※価格は税・送料を除く

エアロードCF SL Disc 8.0 eTap(スラム FORCE eTap AXS)7.73kg 579,000円
エアロードCF SL Disc 8.0 Di2(シマノUltegra Di2)7.60kg 529,000円
エアロードCF SL Disc 8.0(シマノUltegra)7.83kg 409,000円
エアロードCF SL Disc 7.0(シマノ105)8.00kg 379,000円

この記事のコメント

この記事のタグ

30~50万円のロードバイク50万円以上のロードバイクキャニオン(Canyon)のロードバイクキャニオン(Canyon)のロードバイク|30~50万円キャニオン(Canyon)のロードバイク|50万円以上

30~50万円 50万円~ キャニオン ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載