新製品情報2020カブトの新フラッグシップモデル「イザナギ」登場 “至高”のフィーリングを実現

  • 一覧

 日本のヘルメットブランド「Kabuto」(カブト)から、新しいフラッグシップモデル「IZANAGI」(イザナギ)が登場した。冷感、軽量、空力という3大要素を融合した実戦型のヘルメットとして開発され、至高のフィーリングを実現した。

オージーケーカブトのフラッグシップモデル「イザナギ」 ©OGK KABUTO

 日本人にフィットする製品を数多く取り揃え、ホビーサイクリストからプロ選手まで幅広い層に支持されるカブト。新しい最上位モデルのイザナギでは、高温多湿の日本の夏にも対応するため、ヘルメット内部に熱気が滞留しないように、空気の取り入れと排出を徹底的に研究。効率よく冷気を取り込む形状とエアルートを確保した。

 空気を多く取り入れる大型のエアインレットを採用しつつ、強度を保つためにレインフォースメント・ブリッジを採用。ヘルメットで最も重要な安全性に繋がる剛性を確保している。

冷感、軽量、空力の三大要素を融合 ©OGK KABUTO

 インナーパッドは通気性重視の「ノーマルインナーパッド」、虫の進入を防ぐ「A.I.ネット」、風の進入を抑える冬季用の「WINTERインナーパッド」の3種が用意された。気温や状況に応じて選択ができる。生地には汗を素早く吸収、蒸発させ、快適に保つクールマックスが用いられている。

 フィット感の調整はBoaのフィットシステムを用いた後部のダイヤルで行う。フロントパッドとアジャスターが連結しつつ、頭部をヘルメットから浮かせたフローティング構造を採用し、頭全体を包み込むようなホールド感を実現した。後頭部のヘッドレストは上下に8段階と、きめ細かい調整が可能となっている。

 ヘルメットのサイドにはアイウェアホールド機能を備えた。ノンスリップラバーが同梱されており、ホールに刺したアイウェアがしっかりと固定できる。3mmと4mmの2タイプが用意され、アイウェアの形状に合わせたものを選択できる。

カラーラインナップは6種類 ©OGK KABUTO

 サイズはXS/S、S/M、Lの3種類。カラーは6種類用意された。 同社のヘルメット破損交換制度の対象商品だ。 JCF(日本自転車競技連盟)の公認も受けている。破損交換登録店で先んじて発売後、順次カブト取扱店で発売が開始される。

■カブト「イザナギ」

税抜価格:33,000円
サイズ: XS/S、S/M、L
カラー:ホワイト、マットブラック、メタリックレッド、メタリックブルー、グリッターグリーン、グレーイエロー

この記事のコメント

この記事のタグ

オージーケーカブト ヘルメット 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載