【Teamユキヤ通信】UAEツアー第5ステージ新型コロナウイルスで途中閉幕のUAEツアー、新城幸也ら選手は全員検査され隔離措置に

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 アラブ首長国連邦でUCIワールドツアー「UAEツアー」に出場していた新城幸也(バーレーン・マクラーレン)は、第5ステージを区間53位でフィニッシュした。レースは残り2ステージとなっていたが、第5ステージ終了後、レース関係者2人に新型コロナウイルスの感染者が確認され、大会はこの日をもって途中閉幕することとなった。

第5ステージの出走サインをする新城幸也 Photo: BettiniPhoto

 第5ステージは終盤に、2日前の第3ステージと同じ山岳を上る、山頂フィニッシュの162kmで行われた。

 「一昨日と同じ山頂ゴールの今日。前回は良いチームワークで先頭で上り始めることができたので、今日も同じプラン。ただ、一昨日と違い風が強いので上りの入る前にかなり脚を使うことになるし、一日中緊張状態が続くステージだった」

 新城は上り始めまでチームの総合リーダー、ワウト・プールス(オランダ)をアシスト。上りに入ってからも力を緩めず自らのペースでゴールを目指し、個人総合49位のUCIポイント圏内を確保した。結果的にこれが最終順位となり、新城はUCIポイントを5点獲得。東京五輪の代表選考ポイントでは、係数6倍となるワールドツアーでの貴重な得点となり、現在首位に位置する選考ポイントを、さらに30点積み重ねた。

 新型コロナウイルス感染者が出場チーム関係者から出たことで、今回のレース関係者は全員が検査を受け、結果が出るまではホテルにとどまるという隔離措置が取られており、新城も検査を受け結果が待たれている。新城の次のレースは、3月25〜29日にイタリアで開催されるステージレース「コッピ・エ・バルタリ」(UCI2.1)が予定されている。

この記事のコメント

この記事のタグ

Team ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載