首位のアダム・イェーツが優勝UAEツアーが途中閉幕、 新型コロナウイルスにスタッフ2人が罹患 新城幸也も参加中

  • 一覧

 アラブ首長国連邦で開催されていたUCI(国際自転車合議連合)UAEツアーが2月27日、 レースに参加していた2名のスタッフが新型コロナウイルスに罹患したとされる影響で、第5ステージの終了をもって途中閉幕した。ツアーには新城幸也(バーレーン・マクラーレン)も参戦していた。

UCIワールドツアーのUAEツアーが途中閉幕。新城幸也(バーレーン・マクラーレン)も参戦していた ©Yuzuru SUNADA

 この発表は大会のオフィシャルTwitterが2月28日にツイートしたもの。レースは27日までに第5ステージまで終了していた。第7ステージまで予定されていたが、残りの2レースを終えることなく閉幕。結果、 アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット) が個人総合優勝が決まった。

 レースには新城も参戦しており、総合49位でレースを終えた。UCIポイントを5ポイント獲得している。

この記事のコメント

この記事のタグ

UCI UCIワールドツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載