新製品情報2020キャニオンが「アルティメット CF EVO」の2020モデル発売 完成車5.67kg、ディスク6.00kg

  • 一覧

 キャニオンが超軽量オールラウンドロードバイク「アルティメット CF EVO」の2020モデルを発売した。スラム・レッド eTap AXS(イータップアクセス)グループセットで組み上げられた「10.0 SL」「ディスク 10.0 SL」の完成車、またディスクブレーキモデルのフレームセットが新登場。完成車はリムブレーキモデルで5.67kg、ディスクブレーキモデルでも6.00kg(いずれもMサイズ平均)と驚異的な重量を実現している。

アルティメット CF EVOの2020モデルが登場。完成車は10.0SLのリムブレーキモデル、ディスクブレーキモデルを両ラインナップ © Canyon Bicycles

 アルティメットはキャニオンのオールラウンドレースバイクの系譜として、世界最高峰のロードレースシーンで長年にわたり成功した歴史をもつモデル。2度の世界選手権(2009、2018)と3つのグランツール(ジロ・デ・イタリア2014、2019、ブエルタ・ア・エスパーニャ2016)を制し、これを成し遂げたアルティメット CF SLXクラスのネクストレベルとして、CF EVOが開発された。

完成車平均重量 5.67kg、アルティメット CF EVO 10.0 SL © Canyon Bicycles
完成車平均重量 6.00kg、アルティメット CF EVO Disc 10.0 SL © Canyon Bicycles

 CF EVOは耐久性、剛性、快適性、使い勝手の面で妥協することなく、そしてさらにCF SLXクラスよりも圧倒的に軽量となっている。CF EVOは昨年ツール・ド・フランス2019でイルヌール・ザカリン(カチューシャ)により全ステージで使用され、実戦における信頼性も証明済みだ。

 CF EVOのフレームには最先端の日本製カーボン素材を使用。超高弾性(UHM)、超高張力(UHT)カーボン繊維を、工業大国ドイツのエンジニアリングにより、高度な技術で織り合わせて成形している。精緻な多層カーボンで、超軽量でありながら高い耐久性、信頼性を誇るバイクへと結実させた。

完成車は超軽量コンポーネントが組み合わされた © Canyon Bicycles

 完成車で組み合わされるコクピット、シートポストなどのコンポーネントも極限まで軽量化。一方で2020モデル完成車ではQuarq DZeroパワーメーターが標準装備され、機能面での抜かりはない。また自分でパーツを選び、夢の軽量バイクを組み上げたいサイクリストのために、フレームセットでの販売も行われる。

軽量化の追求と、カーボン素材そのものの美しさを引き出すため、ごくミニマルなアートワークを採用 © Canyon Bicycles
各モデルのスペック © Canyon Bicycles

■アルティメット CF EVO 10.0 SL

価格:869,000円(税・送料別)

■アルティメット CF EVO Disc 10.0 SL

価格:869,000円(税・送料別)

■アルティメット CF EVO フレームセット Electrical(電動コンポーネント専用)

価格:369,000円(税・送料別)

■アルティメット CF EVO フレームセット Mechanical(機械式コンポーネント専用)

価格:369,000円(税・送料別)

■アルティメット CF EVO Discフレームセット(電動コンポーネント専用)

価格:449,000円(税・送料別)

この記事のコメント

この記事のタグ

キャニオン(Canyon)のロードバイク

キャニオン ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載