【Teamユキヤ通信】UAEツアー 第3ステージ新城幸也は区間55位  アシストむなしく、チーム最高位はプールスの37位

  • 一覧

 バーレーン・マクラーレンの新城幸也は2月26日、アラブ首長国連邦で開催中のUCIワールドツアーのステージレース「UAEツアー」の第3ステージを、トップから7分42秒遅れの55位でフィニッシュした。

カメラに向かって笑顔を見せる新城 Photo: Bettini Photo

第3ステージは前半の平坦基調からラスト約11kmで標高1025mの岩山を駆け上がる山頂フィニッシュの184km。

 序盤から4選手の逃げグループが形成され、集団はのんびりリラックスムードでレースが進むが、フィニッシュまでの山岳が近づくにつれ、良いポジションでエースを上り口に運びたいアシスト選手らが先頭でペースアップを開始した。

補給食を食べようとくわえながら走る新城 Photo: Cor Vos

 新城も先頭で集団を引き連れ、残り15kmで集団が4人の選手を吸収すると、ここから各チームの山岳のエースたちが次々に飛び出すアタック合戦となった。

 残念ながらバーレーン・マクラーレンのエースはその争いに加わることができず、ワウト・プールス(オランダ)の37位が最高位。上り口で仕事を終えた新城は7分42秒遅れの55位でフィニッシュした。

この記事のコメント

この記事のタグ

Team ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載